ポケモンとスカイマークのコラボ 「ピカチュウジェット BC」 就航。沖縄 「ゆいレール」 に特別ラッピング車両など登場する 「そらとぶピカチュウプロジェクト」 が発表

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

6月21日、ポケモンは 「ポケモン 新プロジェクト発表会」 をメディア向けに開催。今夏からはじまる、新たなプロジェクト 「そらとぶピカチュウプロジェクト」 を発表した。

本プロジェクトは、人々が自由に移動できるようになったときに向けて、”人と人、人と地域をつなぎ、観光・航空業界への貢献” を目指すためにポケモンが発足したもの。昨年3月頃にプロジェクトの構想が始動し、ついに今夏に実現した。

「そらとぶピカチュウプロジェクト」 発表。「ピカチュウジェット BC」 が6月21日から就航

プロジェクト第1弾として実施されるのは、スカイマーク株式会社との連携で誕生した特別塗装機 「ピカチュウジェット BC」 の就航。たくさんの風船をつけた 「そらとぶピカチュウ」 がペイントされた機体が、スカイマークの路線を飛行する。沖縄(那覇・宮古(下地島))発着路線を中心に、スカイマーク便の他路線でも運行する。

「ピカチュウジェット BC」 は、ピカチュウと同じ黄色でフルペイントされた機体上に、カラフルな風船を付けたそらとぶピカチュウが左右に合計10匹描かれている。機体の底面には窓からのぞくピカチュウも。

機体の下にもピカチュウ

本企画は、航空会社との連携の第1弾として位置付けられており、今後も世界中のいろいろな国や地域でも、「ピカチュウジェット」 が就航予定であるとのこと。

現時点で予定されているのはシンガポール航空グループの格安航空会社(LCC)のスクートで、国際線で人々が渡航できるようになった頃に運行を開始する予定とのこと。

沖縄県県内の交通機関や観光施設との連動施策、商品展開などにより、沖縄県の観光事業への貢献も目指す。

ポケモンで彩られた沖縄都市モノレール(愛称:ゆいレール)で 「そらとぶピカチュウプロジェクト」 オリジナルデザインのラッピング車両が運行されるほか、那覇市街の路線バス (東陽バス、琉球バス交通、那覇バス、沖縄バス) でもラッピング車両が運行される。

さらに沖縄の景観をイメージした 「ポケふた」 が沖縄県内12カ所に設置される。

発表会ではそのうち那覇市、沖縄市、宜野湾市、うるま市に設置される4種類の 「ポケふた」 がお披露目となった。いずれも沖縄らしさをイメージしたものになっている。

そのほか、海洋博公園と沖縄美ら海水族、館古宇利オーシャンタワー、ビオスの丘、ブセナ海中公園などの沖縄県内の観光施設との取り組みが今年7月から順次開始となる。

かりゆしピカチュウをはじめとした、さまざまなポケモンたちが沖縄を盛り上げるために出迎えてくれ、訪れた方にはこれらのポケモンが描かれたステッカーがプレゼントされるとのこと。

参考までに海洋博公園と沖縄美ら海水族には、そらとぶピカチュウと記念撮影ができるスポットやポケモンが描かれた遊覧車が訪問客を楽しませる。ブセナ海中公園にはホエルオーのグラスボートに乗って、海中魚たちを観察できる。

そらとぶピカチュウたちとともに沖縄を満喫できるツアー 「そらとぶピカチュウプロジェクト 沖縄であそぼ」 がHISに登場。7月17日(土)のツアー開始に先駆けて、6月21日(月)からHIS公式サイトで予約受付が開始される。

宿泊先のホテルでは、スペシャルデザインのポケモングッズがプレゼント。また、ポケモンたちとの写真撮影を楽しめるフォトスポットも用意されているとのこと。対象ホテルは以下の6施設。

  • ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城
  • ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート
  • リザンシーパークホテル谷茶ベイ
  • レクー沖縄北谷スパ&リゾート
  • ヒルトン沖縄北谷リゾート
  • ロワジールホテル那覇

さらに沖縄県内では、そらとぶピカチュウたちが描かれたオリジナル商品が発売する。かりゆしウェアを身にまとったピカチュウと同じ柄のかりゆしウェアや、そらとぶピカチュウが描かれた紅いもタルトなど。

これらの取り組みは今後長きにわたって実施される予定とのこと。当初ポケモンは2年間ほどのプロジェクト展開を予定していたそうだが、コロナの影響が長期化している現状を考え、これから長きにわたって 「そらとぶピカチュウプロジェクト」 を展開する方針に変更している。

「ピカチュウジェット BC」 は、前述のとおり今後5年を予定している。ちなみにスカイマークにとって初の完全特別塗装機となるが、ポケモンの計らいにより版権使用料は無償とし、塗装費用などもポケモンが負担している。

ポケモンとスカイマークは今回のプロジェクトについて、今後長く続くものになるため腰を据えてじっくりと行っていく。利用者には、焦らずにゆっくり旅行できるようになってから利用して欲しいと話していた。

初便は羽田空港を6月21日15時35分に出発し、那覇空港に18時20分に到着するSKY519便。同記事掲出後すぐに、沖縄に向けて飛び立とうとしている。

スカイマークが就航する空港に訪れる際があったらぜひ 「ピカチュウジェット BC」 を探してみていただきたい。また、実際に乗られたい場合はスカイマークの公式サイトにて翌日分の運行スケジュールが発表されるため、ピンポイントで予約することは可能とのこと。機会があったらぜひトライしてみていただければと思う。

©2021 Pokémon. ©1995-2021 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。