『ポケモン 剣盾』ポケモンバトルイベント 「小学生ジムチャレンジ」 が開催。初日の様子をレポート

2月22日から、ポケモンは全国のポケモンゲームジムにて『ポケットモンスター ソード・シールド』のイベント 「小学生ジムチャレンジ」 を開催している。

本イベントは小学生を対象としたもので、ポケモンゲームジムに集まった小学生同士で気軽にバトルを楽しめるという内容になっている。初日となる22日には、ポケモンセンタートーキョーDXなど全国のポケモンゲームジムに小学生たちが集まり、ポケモンバトルが繰り広げられた。

「小学生ジムチャレンジ」 とは

「小学生ジムチャレンジ」 とは全国の 「ポケモンゲームジム」 にて開催される小学生向けのポケモンバトルイベント。

初回参加時に 「ポケモンゲームジムカード」 が手渡され、イベントに参加することでスタンプが1つ、さらにバトルで1勝するごとに1つスタンプを押してもらえる。このスタンプを集めることで 「ポケモンゲームジムカード」 がグレードアップしていき、集めたスタンプの数に応じて7月に開催される大会 「小学生ジムリーダー決定トーナメント」 の優先参加券をゲットすることができる。

「小学生ジムチャレンジ」 では、それぞれがNintendo Switchと『ポケットモンスター ソード・シールド』を持ち寄り、自分のお気に入りのバトルチームを編成してバトルする。バトルへの参加は1日1回に限られているわけではないため、もう一度参加待機列に並び直せば同日中でも再度バトルにチャレンジすることが可能だ。

バトル形式はシングルバトル。合計6匹で構成されたバトルチームの中から3匹を選んでバトルする。使用できるポケモンはガラル図鑑 No.001~397のレベル1~100までのポケモンとなっているが、レベルに関しては自動的に50に調整される仕様となっている。

イベント初日の様子

「小学生ジムチャレンジ」 開催初日となった22日、東京の日本橋高島屋にあるポケモンセンタートーキョーDXには複数の小学生が集まった。

集まった小学生たちは、それぞれ自慢のポケモンたちで戦っていたが、中にはサザンドラやドリューズ、オーロンゲなど強力なポケモンたちでバトルチームを組む子もいれば、イーブイ、パルスワン、バタフリーといった可愛らしいポケモンたちで構成する子も。それぞれ個性あふれるバトルチームが見られて、イベントに直接参加していない筆者もかなり楽しめた。

バトルに勝利すると、前述の 「ポケモンゲームジムカード」 にスタンプを押してもらえる。最初は5つのスタンプが押せるカードがもらえ、その5つを貯め終わると次は50個までスタンプが溜められるカードにアップグレードされる。

スタンプをためた数によって7月に開催される 「小学生ジムリーダー決定トーナメント」 への優先参加権を獲得することが可能だ。ちなみに、「ポケモンゲームジムカード」 は受け取ったポケモンゲームジムの名前が書いており、その会場のみで貯めることが可能なので、その点には注意が必要だ。

さらに、8月には全国の小学生ジムリーダーの中から “最強のジムリーダー” を決定する大会 「ファイナルトーナメント」 の実施が予定されている。7月の 「小学生ジムリーダー決定トーナメント」 および8月の 「ファイナルトーナメント」 については後日詳細が発表される予定となっているが、これらの大会に出場したい方はぜひ積極的に 「小学生ジムチャレンジ」 への参加を。

また、「小学生ジムチャレンジ」 に参加するとバトルポイント10BPが漏れなくもらえるようになっている。ゲーム内でアイテム獲得に使えるため、一度だけの参加でも十分に価値はあると言えるだろう。

「小学生ジムチャレンジ」 は、現時点では3月いっぱいまでのスケジュールが公開されている。開催店舗によって実施日が異なるので、参加する場合は必ずこちらのページから各開催店舗のスケジュールをチェックしてから参加するようにしよう。

ちなみに、今回取材したポケモンセンタートーキョーDXでは2月22日〜24日の3連休は 「小学生ジムチャレンジ」 が実施される。もしポケモンセンタートーキョーDXで参加しようと思っている方は、ぜひこの3連休に遊びに行ってみていただきたい。

©2020 Pokémon. ©1995-2020 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・ Pokémon は任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
Nintendo Switch のロゴ・Nintendo Switch は任天堂の商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。