ポケモンのクラウドサービス 「Pokémon HOME」 発表 スイッチやスマホなどハードを超えてポケモン交換が可能に

5月29日、株式会社ポケモンは 「ポケモン事業戦略発表会2019」 を開催。同発表会で、新しいクラウドサービス 「Pokémon HOME」 を提供予定であることを発表した。

「Pokémon HOME」 は、”すべてのポケモンが集まる場所” として提供される予定であるとのこと。具体的にどんなことができるのかは一部のみが発表されている状態だが、Nintendo 3DSやNintendo Switch、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンなど、ハードウェアの垣根を超えてポケモンを預けたり、交換することができるようになるという。

対応サービスはNintendo 3DS向けに提供されている 「ポケモンバンク」 、Nintendo Switch向けタイトル 「ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ/イーブイ」、2019年冬発売予定の 「ポケットモンスター ソード/シールド」 。さらに、iOS/Android向けに提供されているスマートフォン向けアプリ 「ポケモンGO」 が対象だ。

「Pokémon HOME」 は2020年初旬にローンチ予定。1年後にはすべてのポケモンがインターネットを介して繋がる時代に。続報に期待したい。

関連記事
ポケモン新作スマホゲーム「ポケモン スリープ」発表 iOS/Android向け2020年配信 新デバイス「Pokémon GO Plus+」も発表
ポケモン新作スマホゲーム 「ポケモン マスターズ」 発表 2019年内に配信予定。詳細は6月頃に公開
ポケモンGOに 「寝ているカビゴン」 が多数発生中。ポケモンスリープ発表を記念

ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ- Switch
任天堂 (2018-11-16)
売り上げランキング: 216
ポケットモンスター Let's Go! イーブイ- Switch
任天堂 (2018-11-16)
売り上げランキング: 138
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。