ポケモンGO、ホウエン地方の伝説ポケモン3匹が登場 まずはレジアイスがレイドに出現 レジロック、レジスチルも今夏以降に登場予定

6月22日、ポケモンGOはホウエン地方の伝説ポケモン3匹「レジアイス」「レジロック」「レジスチル」がゲーム内に登場することを発表した。

まずは、こおりポケモンの「レジアイス」が日本時間6月22日(金)から7月19日(木)までの間、伝説レイドバトルに登場する。残る「レジロック」「レジスチル」は今夏以降に順次登場する予定だ。

ちなみに、こおりタイプに有利に戦えるのはかくとう・いわ・ほのお・はがねタイプのポケモン。これらのタイプのポケモンを強化して、伝説レイドに備えよう。

同時に6月21日(木)の夏至に合わせて「ルナトーン」と「ソルロック」の出現地域も変更になるとのこと。日本ではこれまでルナトーンのみが出現していたが、今後はソルロックのみが出現するように。当然ながら図鑑を埋めるチャンスとなる。

また、今週中に実装がアナウンスされていた「フレンド」「ポケモン交換」機能がトレーナーレベル30から40のユーザーに限定的に解放されている。

確認したところ、アプリ画面の左下メニューに「自分」と「フレンド」というタブが追加されており、そこからフレンドを追加できる。フレンドにしたいユーザーのトレーナーコードを入力することで登録できるので、親しいユーザーからコードを教えてもらって追加するようにしよう。

フレンドとギフティングやポケモン交換は、安定したサービス提供のため、トレーナーレベルに応じて順次解放する予定とのこと。トレーナーレベルが30を満たしていない方は実装を待つか、ゲームをプレイして同レベルに到達するといいかもしれない。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。