ポケモンGO、マクドナルドとのスポンサー契約が終了。今月17日に提携ジム・ポケストップが削除

10月13日、日本マクドナルドは『Pokémon GO』とのスポンサー契約を同月16日に終了することを発表した。

契約終了にともなって、同月17日にマクドナルド店舗で提供していた提携ジムやポケストップがゲームから削除される。

マクドナルドのジムやポケストップが17日にゲームから削除

マクドナルドが『Pokémon GO』とのスポンサー契約を結んだのは日本で同ゲームアプリが初めて提供された2016年7月。契約以降、マクドナルドが展開する全国2,900店舗にポケストップやジムが設置された。

とくにマクドナルドのジムでは特別なレイドバトルが開催されることが多かったこともあり、『Pokémon GO』ユーザーの集合場所のようになることも多々あった。店内では無料Wi-Fiが提供されていることが多く、さらに(当然だが)ハンバーガーやフライドポテトを食べることができるため、特別なレイドバトルをプレイするついでの休憩場所としてうってつけで、まさに『Pokémon GO』のオアシス的な存在だった。

毎日決まった時間に伝説レイドが開催されたこともあった

今回のスポンサー契約終了にともなって、『Pokémon GO』ユーザーからはこれまでのコラボレーション企画を懐かしむ声や提携終了を惜しむ声が寄せられている。

ちなみに、現在『Pokémon GO』はセブンイレブンやマツモトキヨシ、タリーズコーヒー、ソフトバンク(とワイモバイル)、伊藤園、CharegeSPOTとスポンサー契約を結んでいる。

関連記事
『Pokémon GO』『Pokémon HOME』の連携は2020年内を予定。キョダイマックスできるメルメタルが入手可能
『ポケモン ソード・シールド エキスパンションパス』第2弾 「冠の雪原」 10月23日に配信決定。サトシのピカチュウ8種類も配信へ

©2020 Niantic, Inc. ©2020 Pokémon. ©1995-2020 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。