ソフトバンクがポケモンGOを活用した復興支援 「3.11 TOHOKU おうえんプロジェクト」 発表 3月2日から開催

3月2日、ソフトバンクはポケモンGOを活用した復興支援プロジェクト 「3.11 TOHOKU おうえんプロジェクト」 を発表した。

岩手・宮城・福島のソフトバンクショップおよびワイモバイルショップでゲーム内アイテムを配布するほか、ゲーム内のポケストップやジムのデザインを東北応援メッセージに変えるなど、東北を支援する期間限定キャンペーンを展開する。プロジェクトは本日3月2日(月)から行われる。

ソフトバンクが『Pokémon GO』で東北を応援する期間限定キャンペーンを展開

この取り組みは、『Pokémon GO (ポケモンGO)』で東日本大震災の復興支援を応援する 「3.11 TOHOKU おうえんプロジェクト」 の一環として行われる。

「ポケストップ」 で応援
項目 内容
期間 2020年3月2日〜3月15日
内容 全国のソフトバンクショップとワイモバイルショップの、「ポケストップ」および「ジム」のフォトディスクのデザインが東北応援メッセージに変わります。

東日本大震災の記憶風化防止と継続的な復興支援を目的として、全国のソフトバンクショップとワイモバイルショップのポケストップおよびジムのフォトディスクのデザインが、東北応援メッセージに変わるとのこと。

寄付で応援
項目 内容
期間 2020年3月2日〜3月31日
対象 ソフトバンクのiPhone、iPad、スマートフォン、タブレットをご利用のお客さま
内容 全国のソフトバンクショップとワイモバイルショップの「ポケストップ」および「ジム」からソフトバンクの「つながる募金」を経由して、「POKÉMON with YOU募金」で携帯電話利用料金と一緒に100円以上を寄付された方の中から抽選で50人に、『Pokémon GO』のグッズをプレゼントします。

<アクセス方法>
「ポケストップ」および「ジム」→3.11特設サイト→「つながる募金」→「POKÉMON with YOU募金」

プレゼント内容 マフラータオル Pokémon GO
当選者の発表 賞品の発送をもって代えさせていただきます。

ソフトバンクユーザー向けキャンペーンとして、「POKÉMON with YOU募金」 で携帯電話料金と一緒に100円以上を寄付した方の中から抽選で50名にゲームオリジナルグッズ 「マフラータオル Pokémon GO」 をプレゼントする。

東北で応援
項目 内容
期間 2020年3月2日〜3月31日
対象 Android搭載端末をご利用の方
(“ソフトバンク”と“ワイモバイル”以外の機種をご利用の方も対象となります)
内容 岩手・宮城・福島の3県のソフトバンクショップとワイモバイルショップに来店して、アンケートにご回答いただいた方先着1万人に『Pokémon GO』の「ふかそうち」をプレゼントします。
参加制限 期間中1人1回限り
プレゼントの
お渡し方法
ショップでアンケートにご回答いただいた後、プロモーションコードが書かれたカードをお渡しします。

そして、Android端末を利用するユーザー向けに、岩手・宮城・福島のソフトバンクショップおよびワイモバイルショップでゲーム内アイテム “ふかそうち” を最大1万人にプレゼントするキャンペーンも実施する。


ソフトバンクは『Pokémon GO』とのパートナーシップ契約を2016年9月に締結。全国約3,700店のソフトバンクショップとワイモバイルショップがポケストップおよびジムとしてゲーム内に登場しているが、今回のプロジェクトはそのパートナーシップ契約のもとで提供される。

ちなみにソフトバンクグループのヤフー株式会社は、2014年から毎年実施している東日本大震災の復興支援チャリティを今年も実施することを同日発表している。

関連記事
「Search for 3.11 検索は応援になる。」 が今年も開催 Yahoo!検索で 「3.11」 入力で10円寄付

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。