TSUTAYAがポケモンGOのスポンサー契約を終了 特設ジム・ポケストップがゲームから削除へ

1月15日、TSUTAYAは 「ポケモンGO」 とのオフィシャルパートナー (スポンサー) 契約を終了することを発表した。スポンサー契約の終了をもって、全国2,200のTSUTAYA店舗に設置されているジムやポケストップが同ゲームから削除される。削除は1月20日(月)に実施される。

TSUTAYAに設置されているジムやポケストップがポケモンGOから削除

ポケモンGOとのオフィシャルパートナー契約は、契約を結んだそれぞれの会社の店舗内にジムやポケストップを設置。ポケモンGOユーザーに対してオフィシャルパートナーの店舗の利用を促すことができる。

TSUTAYAは2019年1月にポケモンGOとのオフィシャルパートナー契約を結んでおり、3月と7月に各店舗に設置されているジムで期間限定のレイドイベントを実施。3月はディアルガ、7月にはアーマードミュウツーが毎日決まった時間に出現した。

TSUTAYAとのスポンサー契約の終了によって、ポケモンGOとオフィシャルパートナーを締結している会社はCharegeSPOT、イオングループ、ソフトバンク(ワイモバイル含む)、セブンイレブン、タリーズコーヒー、伊藤園、マツモトキヨシ(グループ会社含む)、マクドナルドの計8社になる(順不同)。

関連記事
ポケモンGO、次回コミュニティ・デイは 「ポッチャマ」 大量発生 1月19日(日)11時から
クラウドサービス 「Pokémon HOME」 2020年2月にサービス開始 ハードの垣根を超えてポケモン交換が可能に

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。