【詳細まとめ】『Pokémon HOME』2020年2月”上旬”に提供開始 無料プランと有料プランのふたつが存在

1月28日、ポケモンは現在開発中のクラウドサービス『Pokémon HOME』の提供開始時期とサービスの詳細について明らかにした。

『Pokémon HOME』は2019年5月に発表されたポケモン提供のクラウドサービス。”すべてのポケモンが集まる場所” として、Nintendo 3DSやNintendo Switch、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンなど、ハードウェアの垣根を超えてポケモンを預けたり、交換できるようになる。

提供開始時期

まずは提供開始時期についてだが、ポケモンの発表によると2020年2月上旬にサービスの展開を開始する予定。プレスリリースでは2020年2月にサービス開始と記載されているが、同サービスのQ&Aページには 「2020年2月上旬にサービス開始」 と記載されている。

ポケモンを預ける&全国図鑑

次は『Pokémon HOME』の詳細について。『Pokémon HOME』は以前に発表されていたとおり、各タイトルで集めたポケモンを預けたり、交換したりできるクラウドサービスだ。例えば『ポケモン ピカ・ブイ』から預けたポケモンを『ポケモン ソード・シールド』で引き出すことも可能になる。

預けたポケモンは全国図鑑に登録され、各ポケモンの図鑑説明を読むことができる。「メガシンカ」 や 「キョダイマックス」 できるポケモンを預けると、それぞれのすがたも登録できる。ちなみに図鑑の説明文はそれぞれの『ポケットモンスター』シリーズのものをまとめて見ることができるという。

そしてスマートフォン版『Pokémon HOME』限定の機能として特性や覚えるわざから 「全国図鑑」 のポケモンたちを検索できる機能も用意されるとのこと。

預けているポケモンは、それぞれの特性や覚えているわざを確認することができる。また有料のプレミアムプラン(後述)に加入することで、ポケモンの能力の高さを確認できる 「ジャッジ機能」 を使うことも可能だ。

ポケモンの交換機能

『ポケモン』シリーズお馴染みの交換機能が『Pokémon HOME』でも利用できる。『Pokémon HOME』の交換システムは 「ミラクルボックス」 「GTS」 「グループ交換」 「フレンド交換」 の4種類が用意されている。

ミラクルボックス

ミラクルボックス内に預けたポケモンがいつのまにか世界中の誰かとポケモン交換されるというもの。『ポケモン ソード・シールド』のマジカル交換とやや似ているが、『Pokémon HOME』の場合は利用していない間でも自動で交換される。

GTS

交換で欲しいポケモンと交換に出すポケモンを事前に設定することで、条件が合った(相手の)ポケモンと交換できる機能。欲しいポケモンには『Pokémon HOME』の全国図鑑(前述)に登録されていないポケモンも設定できる。 

グループ交換

最大20人のグループを作って、集まった人たちで一同にポケモン交換できる機能。グループ内で誰のポケモンがもらえるかは交換するまでわからないため、ランダムな交換を楽しむことができる。

※グループの作成はプレミアムプランのみの機能。プレミアムプランについては後述する。

フレンド交換

『Pokémon HOME』内のフレンドとポケモン交換ができるシステム。フレンドは『Pokémon HOME』の 「フレンド機能」 から追加することができる。フレンド機能は16歳以上から利用できる。

ふしぎなおくりもの

スマートフォン版 (iOS/Android) で利用できる機能。『Pokémon HOME』を対象としたプレゼントに加えて、『ポケモン ソード・シールド』向けの 「ふしぎなおくりもの」 を代わりに受け取ることができる。『Pokémon HOME』で受け取ったポケモンは、そのまま『Pokémon HOME』のポケモンボックスへ預けることもできる。

ポケモンのどうぐのプレゼントなど一部のプレゼントは、『Pokémon HOME』で 「ふしぎなおくりもの」 のシリアルコードを受け取り、そのシリアルコードを『ポケモン ソード・シールド』で使用できるという。

Pokémon HOMEポイント

『Pokémon HOME』には、「Pokémon HOMEポイント」 というポイントシステムが存在する。この 「Pokémon HOMEポイント」 はポケモンボックスに預けているポケモンの数に応じて貯まっていき、溜まったポイントは『ポケットモンスター』シリーズのBP(バトルポイント)と引き換えることができる

Nintendo Switch版とスマートフォン版の違い

『Pokémon HOME』はスマートフォンとNintendo Switchに対してサービスが提供されるが、それぞれのバージョンによって利用できる機能が異なる

例えばNintendo Switch向けタイトル『ポケモン ピカ・ブイ』『ポケモン ソード・シールド』との連携はNintendo Switch版のみ。また、『Pokémon HOME』でのポケモン交換やふしぎなおくりものの受け取りについてはスマートフォン版のみで利用できる。

詳しくは以下の表を参考にしていただきたい。

機能 Nintendo Switch版 スマートフォン版
『ポケモン ピカ・ブイ』『ポケモン ソード・シールド』との連携 ×
『ポケモンバンク』から『Pokémon HOME』へのポケモンのひっこし
『Pokémon HOME』でのポケモン交換 ×
ふしぎなおくりものの受け取り ×
バトルデータの確認 ×
お知らせの確認 ×
「Pokémon HOMEポイント」 のBP (バトルポイント)への変換 ×

料金体系

『Pokémon HOME』には無料プラン 「フリープラン」 と有料プラン 「プレミアムプラン」 の2種類が存在する。「プレミアムプラン」 の料金は370円/30日、610円/90日、1,960円/360日(いずれも税込)、Nintendo Switch Onlineへの加入は不要。

期間 1ヶ月(30日) 3ヶ月(90日) 12ヶ月(365日)
価格(税込) 370円 610円 1,960円

当然ながら 「フリープラン」 と 「プレミアムプラン」 では利用できる機能が異なる。「フリープラン」 と 「プレミアムプラン」 の違いは下記のとおりで、『ポケモンバンク』から『Pokémon HOME』へのポケモンのひっこし機能は 「プレミアムプラン」 のみで利用できる。

機能 フリープラン プレミアムプラン
『ポケモンバンク』から『Pokémon HOME』へのポケモンのひっこし機能 使用不可 使用可能
『Pokémon HOME』に預けられるポケモンの数 30匹 6000匹
同時にミラクルボックスに預けられるポケモンの数 3匹 10匹
同時にGTSに預けられるポケモンの数 1匹 3匹
グループ交換 参加のみ可能 参加・開催ともに可能
ジャッジ機能 使用不可 使用可能

『Pokémon HOME』に預けられるポケモンの数やミラクルボックスに同時に預けられるポケモンの数なども違いがある。また、ジャッジ機能については 「プレミアムプラン」 のみで利用可能だ。

『Pokémon HOME』の連携タイトル

これまでの発表で『Pokémon HOME』はNintendo 3DSやNintendo Switch、各種スマートフォンなどはハードウェアの垣根を超えてポケモンを交換したり、預けることができるとしていたが、その連携できるタイトルに関する詳細が発表されている。

サービス開始当初はNintendo Switch向けタイトル『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』『ポケットモンスター ソード・シールド』、そしてニンテンドー3DS向け『ポケモンバンク※』と連携するという。スマートフォン向けに提供されている『Pokémon GO』については今後連携を予定しているとのことだ。

※ニンテンドー3DSソフトの『ポケットモンスター』シリーズが、インターネット上のポケモンボックスとリンクし、 ポケモンたちを預けたり、引き出したりすることができるサービス。

『ポケモンバンク』『ポケムーバー』1ヶ月無料キャンペーン

『Pokémon HOME』の配信決定を記念して、ポケモンは『ポケモンバンク』『ポケムーバー』を1ヶ月間無料で利用できるキャンペーンを実施する。キャンペーンは『Pokémon HOME』のサービス開始から1ヶ月間。

『ポケモンバンク』『ポケムーバー』を使用することで、これまで『ポケットモンスター』シリーズで仲間にしたポケモンたちを『ポケモンバンク』に預けることができる。『ポケモンバンク』に預けたポケモンは『Pokémon HOME』へひっこしすることができる。

いよいよサービスがはじまる『Pokémon HOME』。現行タイトルだけでなく今後の『ポケモン』新作タイトルも同サービスと連携していきそうなだけに、同シリーズをプレイしている方はぜひサービス開始と同時に利用していただきたい。

©2020 Pokémon. ©1995-2020 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
©2020 Niantic, Inc. ©2020 Pokémon. ©1995-2020 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
ニンテンドー3DSのロゴ・ニンテンドー3DSは任天堂の商標です。
Nintendo Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。
画面は開発中のものです。
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。