『Pokémon HOME』、『ポケモンBDSP』『アルセウス』との連携がスタート。連携のルールをいま一度チェックしよう

 

5月19日、ポケモンは『Pokémon HOME』のバージョンを2.0.0にアップデート。『ポケットモンスター ブリリアンドダイヤモンド・シャイニングパール』『Pokémon LEGENDS アルセウス』の連携を開始した。

この連携により、各タイトルに登場するポケモンであれば『ポケットモンスター ソード・シールド (以下、ポケモン剣盾)』に連れて行くことができ、また『ポケモン剣盾』に登場するポケモンも『ポケットモンスター ブリリアンドダイヤモンド・シャイニングパール (ポケモン Bダイヤモンド・Sパール)』『Pokémon LEGENDS アルセウス (以下、Pokémon LEGENDS)』に連れて行くことが可能になる。

▲ 画像をクリック/タップで拡大

ただし、別ソフトに連れて行けるポケモンの条件はすこし複雑で、各ソフトに登場するポケモンに限るという点。たとえば、ガーディ(ヒスイのすがた)は『ポケモン剣盾』や『ポケモン Bダイヤモンド・Sパール』に連れて行くことができない。

また、ポケモンが覚えるわざについては、他のソフトで覚えられるわざが異なるため、他ソフトに連れて行った際には反映されず、初めて別ソフトに連れて行く際にレベルに応じて使えるわざが決定する。

たとえば、『ポケモン剣盾』で捕まえたレベル20のピカチュウを『Pokémon LEGENDS』に連れて行くと、『Pokémon LEGENDS』でのレベル20相当のわざを覚える。

ただし、捕まえたソフトから他のソフトに連れて行き別のわざを覚えたとしても、元のソフトに戻した際には、元々覚えていたわざを覚えている状態に戻るとのこと。

たとえば、『ポケモン剣盾』で捕まえたレベル20のピカチュウを『Pokémon LEGENDS』に連れて行き、レベル50にして『ポケモン剣盾』に戻しても、『ポケモン剣盾』で元々覚えていたわざに戻る。このピカチュウを、今度は『ポケモン Bダイヤモンド・Sパール』に連れて行くと、今度は『ポケモン Bダイヤモンド・Sパール』でのレベル50相当のわざを覚える。

『ポケモン ピカ・ブイ』で捕まえたポケモンについては、『ポケモン剣盾』に連れて行っても従来どおりわざは引き継がれる。また、『ポケモン ピカ・ブイ』で捕まえたポケモンを『ポケモン Bダイヤモンド・Sパール』『Pokémon LEGENDS』に連れて行くと、そのポケモンのレベルに応じたわざを覚える。

ちなみに注意となるのが、『ポケモン ピカ・ブイ』で捕まえたポケモンは『ポケモン剣盾』以降に発売したタイトルに一度でも連れて行くと、『ポケモン ピカ・ブイ』に戻すことはできなくなる。この仕様は『ポケモン Bダイヤモンド・Sパール』『Pokémon LEGENDS』連携以前からそうだったが、新たに連携タイトルが増えても変わらないようだ。

ストレンジボール

なお、『ポケモン剣盾』や『ポケモン Bダイヤモンド・Sパール』で捕まえたポケモンを『Pokémon LEGENDS アルセウス』に連れて行くと、「ストレンジボール」 に入った状態で表示される。また、『Pokémon LEGENDS』で捕まえたポケモンを『ポケモン Bダイヤモンド・Sパール』に連れて行った場合にも、「ストレンジボール」 に入った状態で表示され、『ポケモン剣盾』に連れて行くと 「モンスターボール」 に入った状態で表示される。

これは、『Pokémon LEGENDS アルセウス』ははるか昔のポケモンの世界が舞台になっており、従来作品のモンスターボールが存在しないためだ。すこし世界観に矛盾してしまうところもあるが、ここは大目にみよう。ちなみに、『Pokémon HOME』内では元の捕まえたボールが確認できるとのことだ。

そのほか、『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』『Pokémon LEGENDS アルセウス』との連携には、いくつか注意点等が伝えられている。

まずは、『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』については、通常のプレイで1匹しか入手できない特別なポケモンは、各セーブデータから1匹までしか『Pokémon HOME』に預けることができないという。また、本来意図されていない方法や、不正な改造などで入手した一部のポケモンは『Pokémon HOME』に預けることができないなど。

『Pokémon LEGENDS アルセウス』から『Pokémon Home』に預けたポケモンについては、これまでのポケモン詳細情報に加え、がんばレベルが確認できるようになるとのこと。

また、『Pokémon LEGENDS』では、はじめての「ポケモン図鑑」をつくることが目的ということもあり、『Pokémon HOME』の全国図鑑は、連携する『Pokémon LEGENDS』のセーブデータの図鑑完成状況をもとに、図鑑説明テキストが更新される仕組みとなる。『Pokémon LEGENDS』側で図鑑が完成していない場合は、『Pokémon HOME』側でも『Pokémon LEGENDS』の図鑑説明テキストを確認することができないとのことだ。

なお、これまで『Pokémon HOME』のポケモン図鑑は、「全国図鑑」 のみだったが、Ver.2.0.0から『ポケットモンスター』シリーズ各ソフトの図鑑が追加されるという。例は『ポケットモンスター ソード・シールド』のガラル図鑑、『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』のシンオウ図鑑などで、各ソフト図鑑は「そのソフトで捕まえたポケモン」しか図鑑登録することができない。

ソフト図鑑は『Pokémon HOME』Ver.2.0.0以降にボックスにいるポケモンが登録される。Ver.2.0.0以前に持っていたポケモンであっても、交換などで手元のボックスに存在しない場合は登録はされないため注意。

ソフトを連携させて特別なポケモンを受け取ろう

『Pokémon HOME』の 『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』『Pokémon LEGENDS アルセウス』との連携を記念して、各ソフトとの連携を行うと『Pokémon HOME』に特別なポケモンがプレゼントされるキャンペーンが実施される。

『ポケモン Bダイヤモンド・Sパール』からNintendo Switch版『Pokémon HOME』にポケモンを預けると、スマートフォン版『Pokémon HOME』の 「ふしぎなおくりもの」 に、隠れ特性の 「ナエトル」 「ヒコザル」 「ポッチャマ」 がプレゼントされる。

『Pokémon LEGENDS』からNintendo Switch版『Pokémon HOME』にポケモンを預けると、スマートフォン版『Pokémon HOME』の 「ふしぎなおくりもの」 に、がんばレベル最大の 「モクロー」 「ヒノアラシ」 「ミジュマル」 がプレゼントされる。

©2020 Pokémon. ©1995-2020 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
©2022 Pokémon. ©1995-2022 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド』『ポケットモンスター シャイニングパール』 are developed by ILCA,Inc.
©2022 Niantic, Inc. ©2022 Pokémon. ©1995-2022 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
ニンテンドー3DSのロゴ・ニンテンドー3DSは任天堂の商標です。
Nintendo Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。
画面は開発中のものです。
(画像提供:ポケモン)

Nintendo Switch、Wii U、ニンテンドー3DS、Wii、ニンテンドーDS、ニンテンドーゲームキューブ、ゲームボーイアドバンス、GAMEBOY、ゲームボーイは、任天堂株式会社の商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。