激戦の末、「ポケモン竜王」 がついに決定。はじめしゃちょーvsあばれる君、サンシャイン池崎vs香川愛生、豪華ゲストによるエキシビションマッチも

5月29日、株式会社ポケモンは 「ポケモン竜王戦 2020」 を開催した。

「ポケモン竜王戦2020」 は将棋界最高峰の公式戦 「竜王戦」 を主催する読売新聞社と、日本将棋連盟の全面的サポートを受けて誕生し、将棋界最高峰のタイトル 「竜王」 の名を冠したポケモンバトルの大会。Nintendo Switchソフト『ポケットモンスターソード・シールド』のゲーム部門、そして 「ポケモンカードゲーム」 のカードゲーム部門の2部門で頂点を決める。

それぞれの準決勝~決勝の試合が開催され、ついに 「ポケモン竜王」 が決定した。また、同日には豪華ゲストによるエキシビションマッチも実施されている。

「ポケモン竜王戦 2020」 ハイライト

エキシビションマッチでは、まずはあばれる君さんとはじめしゃちょーさんがポケモンカードゲームでバトル。

戦いの前に、「今日の勝利のために生まれてきました。『はじめまどぎわぞく』に改名させて、しゃちょ―から降格させてやる。」 と意気込むあばれるくん。対するはじめしゃちょーは 「ドラマチックに勝つよ。あばれさせねぇよ。」 と応酬。因縁のライバルである両者のバトルがはじまった。結果は、はじめしゃちょーが宣言どおりドラマチックに勝利している。

ついで、空前絶後の超絶孤高のピン芸人サンシャイン池崎さんと、女流棋士 香川愛生さんが『ポケットモンスターソード・シールド』をつかってポケモンバトル。

「どうも!マサラタウンのサンシャイン池崎です!ポケモン、ゲットだぜぇぇぇぇい!ガバシ!」 と空前絶後の大声量で登場したサンシャイン池崎さん。対戦前に 「空前絶後のバトルやってやるぜ!イェーーーイ!ガバシ!チャーーーー!池崎の力くらいやがれ!池崎、君に決めた!俺が闘う!(今日に向けて) 1日1000時間やってました。1000キロの重りもつけてました。(今日は) 「ちからのねっこ」 を丸かじりしてきました。「ふしぎなあめ」 をなめてきました。」 と意気込んだ。

対する香川愛生さんは、「将棋の竜王戦が行われた能楽堂に立てることがまず光栄です。大舞台にふさわしい華のあるバトルができるよう頑張ります。勢いでは自信がないので、読みで上回ることができれば。」 と女流棋士らしいクールな意気込み。

白熱した香川愛生さんとサンシャイン池崎さんの一騎打ち。結果はダイマックスしたランドロスのダイジェットの一撃で、香川愛生さんが勝利となった。

そして本戦。決勝まで駒を進め、見事に 「ポケモン竜王」 の座を獲得したのは、カードゲーム部門はサイトウコウセイ選手。ゲーム部門はわとり選手。両選手からコメントが発されているので、紹介させていただく。

ゲーム部門

ポケモン竜王わとり選手

ゲーム部門の決勝戦は、“不屈のリベンジャー”わとり選手と“絶対王者への道”コケホドリ選手のバトル。わとり選手はサンダー、ラグラージ、ザシアンを、コケホドリ選手はエースバーン、ザシアン、ラプラスを選出しました。最後はサンダーとラプラス (キョダイマックスのすがた) の対面となり、サンダーの 「ライジングボルト」 で削りきったわとり選手が「第1回ポケモン竜王戦」から7年ぶりとなる決勝戦で勝利。どちらが勝つか最後まで分からないバトルの中、ポケモンWCS2019世界チャンピオンコケホドリ選手を破り、ポケモン竜王戦初優勝となりました。「いつ開催されるのか分からない中でモチベーションを保つのが難しかったですが、大会までに仲間といっぱい対戦をして自信をつけてきたので、こうして優勝という結果になり嬉しいです。」 と話し、喜びをあらわにしていました。

カードゲーム部門

ポケモン竜王サイトウコウセイ選手

決勝戦に駒を進めたのは、“常勝の哲学”サイトウコウセイ選手と“リターンオブザプリンス”イタガキタクト選手。サイトウ選手は主にムゲンダイナやブラッキーを、イタガキ選手は主にゲンガーやブラッキーを使用。ゲンガーの「くろいまどろみ」による「ねむり」の状態を乗り越え、サイトウ選手が新四天王のタイトルに続き、ポケモン竜王の座に輝きました。序盤から安定した立ち回りで、最後は運も味方につけて相手を負かしていきました。ポケモン竜王の称号を手にしたことについては、「『ポケカ四天王』という称号を持っていますが、『ポケモン竜王』も絶対取りたいと思い挑んで、結果として『ポケモン竜王』になれて、すごく嬉しいです。」 とコメントしました。

「ポケモン竜王戦 2020」 は、こちらよりアーカイブ動画を視聴できる。まだ見ていていない方はぜひご覧になっていただきたい。

©2021 Pokémon. ©1995-2021 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
Nintendo Switch のロゴ・Nintendo Switch は任天堂の商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。