「ポケモン竜王戦 2020」 2021年2月6日に開催。インターネット中継システムがパワーアップ、選手の心拍数が表示

12月4日、ポケモンは2021年2月6日(土)に開催される 「ポケモン竜王戦 2020」 において、パワーアップした新しいインターネット中継システムを導入することを発表した。

ポケモン竜王戦 2020
将棋界最高峰の公式戦 「竜王戦」 を主催する読売新聞社と、日本将棋連盟の全面的サポートを受けて誕生し、将棋界最高峰のタイトル 「竜王」 の名を冠したポケモンバトルの大会。ゲーム部門、カードゲーム部門でそれぞれ選出された選手が集う 「ポケモン竜王戦 2020」 の本戦は、2021年2月6日(土)に開催。今年10月に行われた将棋の竜王戦第1局とおなじ会場であるセルリアンタワー能楽堂(東京都渋谷区)にて行われる。本戦の様子はインターネット中継で観ることができる。公式サイトはこちら

「ポケモン竜王戦 2020」 のインターネット中継システムが最新テクノロジーを駆使してパワーアップ

今回の 「ポケモン竜王戦 2020」 で使用されるインターネット中継システムは、最新テクノロジーを使って対戦中に目まぐるしく変化する戦況や選手の緊張感を視聴者に伝えることができる。ゲーム部門では、対戦中の選手の心拍数が表示され、選手の緊張感や臨場感が伝わるように改良された。さらにバトル中の天気や、フィールドなど複雑な情報が分かりやすく表示されるように。

カードゲーム部門では、ポケモンのHPやワザのダメージが配信画面上で表示されるなど、初心者でもバトルの展開が分かりやすくなるという。

配信は実況の主音声のほか、ゲストによる賑やかな副音声も用意するとのこと。初心者から上級者まで誰もが楽しめる配信になるようだ。

今回の発表に合わせてポケモンは、「ポケモン竜王戦 2020」 のメインビジュアルも公開した。メインビジュアルは『ポケットモンスター ソード・シールド』に登場する伝説のポケモン「ムゲンダイナ」を墨絵で描いたものになっている。

「ポケモン竜王戦 2020」 ゲーム部門、カードゲーム部門それぞれの優勝者には、「ポケモン竜王」 の称号とトロフィーに加えて、ポケモン竜王の証としてムゲンダイナが全面に描かれたオリジナルユニフォームが贈呈される。

「ポケモン竜王戦 2020」 はゲーム部門およびカードゲーム部門に出場する選手を選出する段階に来ている。カードゲーム部門はチャンピオンシップシリーズ2020におけるポケモンカードゲームのさまざまな大会で活躍したプレイヤーから選出し、本戦への出場権を付与するとのことだ。

ゲーム部門はインターネット予選 「ポケモン竜王戦 2020 予選」 のエントリーを受付中。エントリー期間は2020年11月26日(木)14時~12月11日(金)8時59分まで、予選の開催期間は2020年12月11日(金)9時~12月14日(月)8時59分だ。カテゴリは、ジュニアカテゴリとマスターカテゴリに分けられているため、エントリー前に公式サイトから詳細をご確認いただきたい。

©2020 Pokémon. ©1995-2020 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémon は任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
Nintendo Switch のロゴ・Nintendo Switch は任天堂の商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。