『ポケモンユナイト』年末追加予定の新ポケモン 「ドラパルト」 を最速体験!開発チームと激アツバトル

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

12月某日、株式会社ポケモンから筆者のもとに一通のメールが届いた。そのメールの内容は、「『ポケモンユナイト』の対戦会をしませんか?年末に新たに実装される新ポケモンの体験もできます。」 とのお誘いだった。

パッと読むととても楽しそうな話ではあったのだが、よく読んでみるとメールの文中に 「弊社最強メンバーと対戦」 という不穏な言葉が。

最強メンバーとはなんだろうか。もしかして、以前の体験会でメディアチームをボコボコにしたあの最強メンバーのことなのか?筆者の脳裏に苦い記憶が蘇る。

でも、今回の対戦会では年末に新たに実装されるポケモンの体験もできるという。それはなんだか楽しそう。

メールの文面的に、今回は新ポケモンの体験がメインではなく、ポケモンの最強メンバーとの対戦がメインという感じがしたが、以前の体験会から何度も練習を繰り返したことで確実に強くはなっているし、きっと1勝くらいはできるはず。あと、新ポケモンはぜひとも体験してみたい……!

そんなこんなで先日、ポケモン本社にお邪魔し、年末に参戦する新ポケモン 「ドラパルト」 を使いながら最強メンバーと熱い対戦を繰り広げてきたので、当記事ではその様子をお伝えしたい。

新ポケモン 「ドラパルト」 について

まずは今回体験することができた新規参戦ポケモンの 「ドラパルト」 について簡単に紹介を。

ドラパルトは、キュートな見た目に加えて、ツノの穴に入っているドラメシヤをマッハスピードで飛ばすというユニークなわざを持っていることから、ドラゴンタイプのポケモンの中でも屈指の人気を誇るポケモンだ。

『ポケモンユナイト』では、高速型・ステルス型の2種類の戦い方で相手を翻弄するアタッカー型のポケモンとして登場。バトル場を高速で駆け抜けながら攻撃したり、姿を消して奇襲したりする、トリッキーな戦いを得意とする。

ドラパルトの通常攻撃

ドラパルトの通常攻撃は遠距離攻撃になっていて、口から紫色のエネルギー弾のようなものを射出して攻撃する。

強化攻撃ゲージがMAXのときの通常攻撃

通常攻撃で相手にダメージを与えると、HPの下にある強化攻撃ゲージが徐々に溜まっていき、ゲージがMAXになるとダメージが大きくなり、着弾時に爆発によるダメージを周囲に与えるようになる。

強化攻撃ゲージは一定時間攻撃をしないとゼロに戻ってしまうため、できるだけこのゲージをMAXに保ちながら戦うことが前提となる。

ユナイトわざの 「ドラグーンショット」 は、ツノの穴にいる2匹のドラメシヤを飛ばし、相手のHPが少ないほど大きなダメージを与える。相手が2匹いるときにはそれぞれに向かって飛んでいき、相手が1匹のみの場合には、2匹のドラメシヤが同じ相手に向かって飛んでいく。

ドラパルトの大きな特徴のひとつが、ドラグーンショットの回転率がとにかく高いこと。ユナイトわざというと、ここぞというときにお見舞いするスペシャルアタックというイメージが強いかもしれないが、ドラグーンショットはクールタイムが短く、通常の2つのわざにドラグーンショットをプラスするようなイメージで使うことができる。

ドラグーンショットは2回まで保持可能で、使用可能回数は一定時間で回復する。「あとちょっとで相手を倒せそう!ここでドラグーンショット使いたい!」 というときには大抵使えるようになっているため、追撃にもってこいのわざと言えるだろう。

ドラパルトは高速型・ステルス型の2種類のスタイルで戦うことができる。それぞれ高速型のわざは 「りゅうのまい」 と 「りゅうのいぶき」 、ステルス型のわざは 「ゴーストダイブ」 と 「シャドーボール」 だ。

高速型の1つ目のわざ 「りゅうのまい」 は、円を描くように飛行しながら、周りの相手に通常攻撃でダメージを与え続けるわざ。飛行速度が早く移動範囲も広いことから、相手から攻撃をほとんど受けることなくこちらだけが一方的に攻撃できる優秀なわざと言えるだろう。

一度わざを発動してしまうとしばらくの間は飛行しっぱなしになってしまうが、もう一度わざを使用すると途中で飛行を中断できる。

ちなみに、ドラパルトは相手をKOするとりゅうのまいの待ち時間が解消され、味方のKOをアシストするとりゅうのまいの待ち時間の一部が解消される。相手を倒したらすぐさまりゅうのまいを使い、常に戦場を高速で飛び回りながら攻撃していこう。

高速型の2つ目のわざ 「りゅうのいぶき」 は、息吹を吐いて相手にダメージを与えつつ、移動速度を減少させるわざ。息吹によって発生した炎はしばらく地面に残り、その上にいる相手にダメージと移動速度減少効果を与え続ける。味方と一緒に攻撃を畳みかければ、相手に逃げる隙を与えず倒し切ることができる。

2つのわざは単体で使っても強力だが、実は 「りゅうのまい」 の飛行中に 「りゅうのいぶき」 を出すこともできる。このコンボを発動すると、りゅうのまいの途中で攻撃がりゅうのいぶきに切り替わり、移動速度減少効果のある炎を飛行経路上に配置することができる。近くにいる敵を一気に不利な状況に追い込むことができるはずだ。

ステルス型の1つ目のわざ 「ゴーストダイブ」 は、ドラパルトが一定時間相手から見えないステルス状態になり、移動速度がアップするわざ。ステルス状態のときには強化攻撃ゲージが徐々に溜まっていき、ステルス状態が解除されると少しの間通常攻撃の速度がアップする。

ドラパルトが相手をKOすると、ゴーストダイブの待ち時間が一部解消され、攻撃力が永続的に上がるという効果も。まさに攻防が一体になったわざだ。

ステルス型の2つ目のわざ 「シャドーボール」 は、移動しながら影の塊を発射し、相手にダメージを与えるわざ。攻撃が当たった相手には4つのマークがつき、何らかの攻撃でダメージを与えるごとに1つずつマークが消えていき、追加でダメージを与える。そして4つすべてのマークを消すと、追加でダメージを与えたあとに自身のHPを回復することができる。

ステルス型の場合、まずはゴーストダイブで相手にこっそり近づき、攻撃速度アップの状態になっている間にシャドーボールで強襲するのが基本的な戦法になるだろう。相手をKOできればまたすぐにゴーストダイブが利用できるようになるため、すぐさま姿を消し、相手を混乱させながら戦うのがオススメだ。

いざ、ドラパルトと共に戦場へ

ドラパルトの戦い方を学んだところで、いよいよ実戦へ。対戦相手はCPUではなく、株式会社ポケモンの 「最強メンバー」 たちだ。ほとんどの人がマスターランクであるとのこと。

筆者が参加したチームは、メディア陣営から3人+ポケモン陣営から2人の合同チーム。チームリーダーは、『ポケモンユナイト』の公式YouTubeチャンネルでポケモンの解説動画を担当する「たぶんポケモンユナイトに一番詳しい男」 ことタブンネ北田さんだ。

バトル開始前の作戦タイムでは、最強メンバーたちが使ってくるポケモンの予想や、誰がどのルートを担当するか、全体的な立ち回りはどうするのかなどをチーム内で相談。前回の体験会でも感じたが、オンラインが基本の『ポケモンユナイト』において、チームメンバー全員がその場にいて、リアルタイムでコミュニケーションをとりながらプレイするのはかなり新鮮だ。(味方も相手も全員が同じ部屋にいるので、作戦内容はほとんど筒抜けではあるのだが……)

作戦も決まったところで、いよいよバトル開始。ドラパルトは進化してからが本領発揮ということで、序盤はとにかく早めにレベルを上げることが重要だ。タブンネ北田さんからは 「中央ルートでしっかり経験値を稼いでください」 との指示が。了解です!

ドラパルトは移動速度が速めなので、スルスルと目的地まで移動でき、さらに強化攻撃ゲージをMAXにすれば通常攻撃の火力もなかなか。味方が上下ルートで相手を抑えながら経験値を稼いでいる中、急いでドラパルトに進化してバトルに本格参戦だ。

ドラパルトは高速型・ステルス型の2種類の戦い方があるが、今回筆者は高速型を選択。「りゅうのまい」 と 「りゅうのいぶき」 で相手を翻弄する作戦に出た。

実際にドラパルトでわざを使ってみて、特に気に入ったのが 「りゅうのいぶき」 。移動速度減少効果がある炎のおかげで、近接攻撃を仕掛けようと向かってくる相手に繰り出せば、相手の接近を遅らせることができる。そこから攻撃を畳みかけて相手をKOしてしまうのもよし、移動速度の速さを活かして戦線を離脱するのもよしだ。

先述したとおり、「りゅうのいぶき」 は 「りゅうのまい」 の発動中にも繰り出すことができる。グルグルと飛行しながら 「りゅうのいぶき」 の炎を周囲に撒き散らしておけば、威力的にも見た目的にも、相手に 「あそこに行きたくないな……」 と思わせることができるかも。

そんなこんなでドラパルトの強さは実感できたのだが、相手はポケモンの最強メンバーたち。ドラパルトのわざに屈することなく、バシバシとこちらに攻撃を叩き込んでくる。連続KOされて心が折れそうになることも。

タブンネ北田さんが戦況を見ながら、「ドラパルト、ここ行きましょう!」 「みんなここに集合!」 「レックウザ行きましょう!」 と色々な指示を出してくれて、チーム全員で一丸となって戦ったにも関わらず、結果は最強メンバーたちに完敗。筆者に至っては一度もゴールできずに試合終了となってしまった。

その後、12月1日に参戦したばかりの新ポケモン 「ウーラオス」 や、最近のお気に入りポケモン 「アローラキュウコン」 で挑むものの、最強メンバーに何度もKOされ、ここまで全敗という不甲斐ない結果に。

最後の試合では、タブンネ北田さんが 「最後くらいはどうにかしてメディアチームを勝たせたい!」 と言ってくれて、最強メンバーの1人とメディアチーム側で参戦してくれていたポケモン社員さんをチェンジし、なんとタブンネ北田さん自身がドラパルトを使用。メディア側のメンバーも各々が好きなポケモンを選択し、とにかく勝てそうなチームを結成した。

しかし、結果は125対794。今回の対戦会の中でもっとも酷い負け方をしてしまった。ここまでやったのに、悔しい……!

一度も勝てなかったが、とても楽しい対戦会に

ということで、今回の対戦会はタブンネ北田さんらの強力なサポートがあったものの、メディアチームが全試合負けてしまうという、とてもとても悔しい結果に。

どの試合も最強メンバーに見事にボコボコにされてしまったが、それでも終始大盛り上がりで大変楽しい対戦会だったと感じている。企画してくださったポケモン社員の皆さま、ありがとうございました!

『ポケモンユナイト』は、今冬に大型キャンペーンを実施する。マッシブーンとエースバーンが率いるチームに全世界のユーザーが分かれてチームでポイントを競うチームポイント対決イベント 「フルスロットルチーム対抗戦」 や、バトルパスシーズン13 「ダークヒーロースタイル-マッシブーン」 のスタートなど。

そして、今回紹介した新ポケモン 「ドラパルト」 は、12月29日(木)16時に参戦予定。トリッキーな動きで戦場を駆け回るドラパルトを、ぜひ皆さんも体験していただきたい。

関連記事1億DL突破の『ポケモンユナイト』が今冬の大型キャンペーン発表。冬休みはポケモンユナイトをどっぷり遊ぶチャンス!

▼『ポケモンユナイト』をダウンロード
iOS版 (App Store)
Android版 (Google Play)
Nintendo Switch版

©2021 Pokémon. ©1995-2021 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc. ©2021 Tencent.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
Nintendo Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。
画面は開発中のものです。

(画像提供:ポケモン)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。