Appleの紛失防止タグの位置精度は十数センチレベル?iPhone 11からUWBをサポートという情報

今秋、Appleは独自開発した紛失防止タグを発表するとの噂だ。「iOS 13」 から同紛失防止タグに関する情報が発掘されており、存在自体はほぼ確実視されている。

この紛失防止タグは、お財布や車のキーなど失くしたら困るものに装着すれば、iPhoneからタグがついたアイテムがどこにあるのかを調べることができるというもの。MAMORIOTileなどが有名だが、これをAppleが自ら開発していると複数の情報筋は伝えている。

そして現地時間9月6日、TF International Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏が投資家向けレポートの中で次期iPhoneに関する情報を伝えており、次期iPhoneはより正確な位置情報を取得できるUWB (超広帯域無線システム) をサポートする可能性を伝えた。これがもし本当であれば、Appleの紛失防止タグの位置情報の誤差は十数センチレベルになる可能性がある。

新型iPhoneはUWBのサポートにより位置情報の誤差が極めて少なく

Kuo氏が伝えているUWB (超広帯域無線システム) とは、同じく位置の測位ができるBluetooth LEやWi-Fiに比べて、最大100倍程度、正確に位置情報をつかむことができる技術。Wi-FiやBluetoothは5mというかなり幅のある位置情報しか掴むことができないが、UWBなら5~10cmレベルの精度で位置を特定することができる。

このUWBは、捜索するデバイスと捜索されるデバイスの両方に同じシステム(UWB)が搭載されている必要がある。つまり、もしAppleの紛失防止タグをiPhoneで使う場合、iPhone側にもUWBが搭載されている必要があるということになる。

Amazonなどで販売中の 「MAMORIO

もちろん、Bluetooth LEやWi-Fiを使ったデバイス捜索機能が利用できる可能性も高い。Appleは全部のiPhoneで同機能を利用できるようにすれば、紛失防止タグを欲するユーザーはきっと多くなるだろう。

しかし、Appleが例の紛失防止タグにこういった機能を対応させる予定なのかはわかっていないため、もしかすると紛失防止タグは次期iPhoneにのみ限定される機能となる可能性があることも現時点では考慮に入れておいた方がよさそうだ。

関連記事
やはりAppleは紛失防止タグを開発中か 「iOS 13」 に関連記述が見つかる
Appleの紛失防止タグがまもなく発表?iOS 13ベータから新しい情報が発見。ボタン電池の交換式になることが判明

【2019年新モデル】MAMORIO 世界最小クラスの紛失防止タグMAMORIO第三世代 (1個, Charcoal Black)/MAMORIO Spot700路線/AR対応/紛失防止アラート/クラウドトラッキング/性能大幅アップ/
Tile Mate(電池交換版) 探し物/スマホが見つかる 紛失防止 日米シェアNo.1 スマートスピーカー対応[Works with Alexa認定製品]【日本正規代理店品】 EC-13001-AP
Tile (2018-10-26)
売り上げランキング: 124

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。