NVIDIAのクラウドゲームサービス 「GeForce NOW」 が日本上陸 2019年冬からクローズドβテストを実施

9月19日、ソフトバンクはNVIDIAとの協業で、クラウドゲームサービス  「GeForce NOW Powered by SoftBank」 を日本国内で提供することを発表した。同時に2019年冬からクローズドβテストを実施することもアナウンス。本日より参加の申し込み受付を開始している。

ソフトバンク、NVIDIAとの協業で 「GeForce NOW」 を提供へ

「GeForce NOW」 は、NVIDIAが世界で展開するクラウドゲーミングサービスだ。ゲームの処理を 「GeForce NOW」 のサーバー側で行い、それを各デバイスに映像としてストリーミング配信するため、高負荷な処理ができないPCやタブレット、スマートフォンなどでも高画質・高負荷のかかるゲームが楽しめる。

同サービスは北米と欧州でβテストが実施されている段階だが、いよいよ日本でもβテストが実施されることになる。北米では500タイトルがβテストの対象になっているとのこと。ちなみにソフトバンクとの協業ではあるがキャリアフリーで提供される予定。

ベータテストへの参加申し込みはこちらのリンクから可能だ。応募期間は2019年9月19日~2019年11月下旬まで。参加人数は1万人を予定しているが、募集人数を上回った場合は抽選となるとのことだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。