Siri、サードパーティのメッセージアプリをデフォルト起動できるように。Appleが年内を目標に実施予定

Siriが、純正メッセージアプリではなくLINEやFacebookメッセンジャーなどのサードパーティ製アプリを優先的に起動できるようになるようだ。

Appleは2019年内にメッセージアプリを提供するサードパーティに対してSiriを開放するソフトウェアアップデートを提供予定。米Bloombergが報じている。

Siriでサードパーティ製アプリがさらに快適に

各メッセージアプリに提供されるSiriはかなり便利かもしれない。というのも、Siriは相手とのメッセージのやりとりでもっとも頻繁に利用するメッセージアプリを自動で判別し、そのサービスでメッセージを送ろうとするからだ。例えば、Skypeを利用する機会が多い人がSiriに対して 「XXXさんに ”今から帰る” とメッセージを送って」 と言うと、iMessageなどの純正アプリではなくSkype経由でメッセージを送信してくれる。これまでは 「SkypeでXXXさんに “今から帰る” とメッセージを送って」 と伝える必要があった。

ただし、デフォルトで使用するメッセージアプリをユーザーが指定することはできないため、もしデフォルト化したい場合は何回かそのサービスを使って、Siriに ”使用頻度が高い” と認識させる必要がある

この対応は、Appleが自社製のアプリを優遇していると批判を受けていることに原因があるようだ。Appleの純正アプリが増えてきており、さらにApp Storeで自社アプリを上位に表示するなど、他社のサービスよりも自社のサービスを優遇しているという批判が今年7月から起きている。

Appleは今年9月に自社アプリが上位に表示されないようアルゴリズムを変更。そしてApp Storeに存在するアプリのうち、自社製アプリが占める割合は0.000002%に過ぎないことを主張しているが、このSiriのサードパーティアプリへの開放はこうした批判をかわす狙いもあるのかもしれない。

ちなみに、メッセージアプリだけでなく通話アプリでも同様の措置が取られるとのことで、それはいつ頃になるのかについては現時点では分かっていない。

関連記事
iPhone 11 レビュー | 望遠レンズが不要なら今年は11を選ぶべきなのかも
iPhone 11 Pro レビュー | 3眼カメラを搭載した初プロモデル。14万円の価値はあるのか考えてみた

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。