PS4のリモートプレイがXperia以外のAndroidでも利用可能に PS4のシステムソフトウェアアップデートで対応

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、PlayStation 4向けのシステムソフトウェアアップデート 「バージョン7.00」 を10月8日に配信開始することを発表した。

同アップデートでは、PS4のリモートプレイ対応機器が増加。これまでリモートプレイはiPhoneやiPad、Mac、Windows PCのほか、Android端末ではXperia限定で利用できていたが、同アップデート適用後はXperia以外のAndroid端末でも利用できるようになる。

Android 5.0以降をインストールしていることが条件

Xperia以外のAndroid端末でリモートプレイを利用するには、Android 5.0以降をインストールしていることが条件となる。利用するには 「PS Remote Play」 アプリが必要となるため、Google Playからダウンロードを。

また、Android 10を搭載した機器では、PS4のワイヤレスコントローラー 「DUALSHOCK 4」 をBluetooth経由で接続してリモートプレイを楽しむこともできる。通常と変わらない操作感でゲームをプレイできるはずだ。

ちなみに、8日に配信が開始される 「バージョン7.00」 では、パーティー機能で1つのパーティーに参加できる最大人数が8人から16人に増加するなどの変更が適用されることが発表。

さらにiPhoneやiPadでのリモートプレイでDUALSHOCK 4が正式にサポート開始となることもアナウンスされている (タッチパッドや振動機能などの一部の機能は制限される) 。これまでも利用できたという報告は上がっていたが、正式対応は今回からということになるようだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。