macOS Catalinaの 「iCloud Driveのフォルダ共有」 機能は来年春に実装予定

日本時間10月8日、Appleは正式版 「macOS Catalina 10.15」 を一般ユーザー向けに配信開始した。

macOS Catalinaでは、iCloud Driveのフォルダ共有機能が実装されることがアナウンスされていたが、Apple公式サイトによると同機能は来年春に利用できるようになることが明らかになった。

iCloud Driveのフォルダ共有機能は来春実装予定

iCloud Driveのフォルダ共有機能は、プライベートリンクを用いて特定のフォルダを他のユーザーと共有する機能。アクセス権を持ったユーザーはフォルダを見ることはもちろん、フォルダ内に新しいファイルを追加したり、ファイルの最新バージョンを入手することができる。

同機能はmacOS Catalinaの初期のベータ版では利用できていたが、正式版では機能が削除されてしまっている。公式サイトの言うとおりなら、来年の春にアップデートで実装されることになりそうだ。

ちなみに、同機能はiPhoneやiPadでも利用できるようになる予定だが、iOS 13iPadOS 13の機能紹介ページでは今秋利用可能になるとアナウンスされている。もしかしたらiOSやiPadOSの方が早く実装されることになるかもしれないが、まだページが更新されていないだけの可能性もあるため、今後のアップデート情報には注目しておこう。

関連記事
「macOS Catalina 10.15」 新機能まとめ iTunesが廃止されMusic・Podcast・TVアプリに分割、iPadのサブディスプレイ化など
macOS Catalinaの 「Sidecar」 の使い方 対応するiPad・Macまとめ

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

[ via MacRumors ]

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。