Apple、自社製5Gモデムチップを2022年までに開発完了か 同年発売のiPhoneへ搭載を目指す

Appleは将来的にiPhoneやiPadに自社製5Gモデムチップを搭載予定と噂されているが、Fast Companyによると、Appleは2022年までに同モデムチップを開発完了するようスケジュールを設定したことがわかった。

Appleは2022年までに自社製モデムチップの開発を完了する予定

Fast Companyが入手した情報によれば、Appleは2022年に発売するiPhoneに自社製の5Gモデムチップを搭載するため、モデムチップの開発やテスト、認証までの全ての工程を2022年までに完了する予定だ。

ただし、これらすべての工程を2年間で完了するのはかなり難しいとされており、特にモデムチップが他キャリアのネットワークと競合しないことを確認するネットワーク最適化テストに時間がかかる見込みであるとのこと。

これらを踏まえ、Fast Companyに情報を提供した情報源はAppleの自社製モデムチップの完成は2023年になると独自に予想しているようだ。

Appleは今年7月、Intelのスマートフォン向けモデムチップ事業を買収することを正式に発表。規制当局の承認を得ることができれば、2019年第4四半期には買収手続きが完了する予定だ。

当時は2021年までにAppleが自社製のモデムチップを導入予定であると報じられていたが、今回の情報が正しかった場合、最低でも2022年まで自社製モデムチップがiPhoneに搭載されることはないものとみられる。

ちなみに、Appleは来年発売の次期iPhoneに5Gのモデムチップを搭載する予定だが、このモデムチップはQualcomm製のものが採用されると予想されている。

関連記事
Apple、独自5Gモデムチップを2021年に自社製品に搭載か Intelのモデムチップ事業買収で
Apple、Intelのスマホ向けモデムチップ事業買収を正式発表 買収額10億ドル、2019年第4四半期に買収手続き完了へ

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。