ソフトバンクC&S、Xiaomi関連3社のスマート家電を国内販売へ

10月11日、ソフトバンクC&Sは都内で記者発表会を開催し、Xiaomi関連3社のスマート家電を国内で取り扱うことを発表。第1段として、中国Roborockのロボット掃除機 「Roborock S6」 を全国で発売することを明らかにした。

ソフトバンクC&Sが提携するのは、中国Xiaomi (シャオミ)系列のスマート家電メーカー 「Roborock」「Yeelight」「Smartmi」 の3社。いずれの会社もXiaomi エコシステムというプラットフォームを利用できる会社。同エコシステムはユーザーから得られたニーズをビッグデータ化しその情報を各メーカーに提供、製品作りに反映させることができる。過去10年にわたってXiaomiエコシステムが提供され続けられたおかげで、世界で通用する高い品質の製品が各メーカーから開発されている。

Roborock

第1段として取り扱いが発表された 「Roborock S6」 はRoborockが開発するロボット掃除機。水量調節が可能な水拭きと最大2,000Paの強力な吸引掃除が1台で行える。

自機の位置を正しく認識できる 「SLAM」 技術、14種類のセンサーが内蔵されており、部屋の形状を正確にマッピング。AI解析によって、効率の高いルートで掃除できるよう設計されている。掃除して欲しくないエリアや掃除する部屋をアプリで好きなように指定できるのも特徴だ。

「Roborock S6」 は国内では10月18日に販売が開始される予定、価格は74,800円(税込)を予定している。

Roborockは2016年にXiaomiのロボット掃除機を開発、世界で累計100万台を販売した実績がある。2017年には自社ブランドの掃除ロボットの開発を立ち上げ、「Roborock」 を投入、わずか2年で全世界累計500万台の販売を行っている。Robotockの従業員は500人、そのうち40%は開発職。

Yeelight

「Yeelight」 は11月にスマートライト2種を国内投入予定。さらにテープ状ライトのライトストリップも同時期に販売する予定。各製品は、AppleのHomeKitをサポートする予定で、Apple製品から直接コントロールすることが可能だ。

Yeelightは2014年に設立したスマート家電メーカー。Xiaomiから出資を受け、Roborockと同じくXiaomi エコシステムを利用した製品づくりを行っており、急成長を遂げた。

主にスマートLED照明を販売しており、スマートフォンから色の明るさ・色味を変えられれる製品の開発に長けている。従業員数は300人だが、210ヶ国で累計1,300万台の製品販売を行っている。

Smartmi

「Smartmi」 はシンプルで優れたデザインの製品を作ることに長けたユニコーン企業。デザインについては日本のグッドデザイン賞を含む国際的な製品デザイン賞を過去13個受賞するなど、中国内外から評価されている。同社の 「空気清浄機2」 はグッドデザイン賞の金賞を受賞した。

「Smartmi」 はスマート扇風機や加湿器など空調機器を国内投入する予定。具体的な時期は決まっていないが、将来的には多数のスマート家電を販売したい考えだ。

関連記事
ソフトバンクが法人戦略を発表、営業利益倍増を目論む 精鋭120名 「DX本部」 の提供ソリューションのマネタイズ化まであと少し
eRemote mini レビュー | 自宅を手軽にスマートホーム化。スマートスピーカーがあれば声だけで操作も可能に

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。