Illustrator for iPadが2020年に配信か 11月のAdobe Maxでプレビュー:Bloomberg報じる

Photoshopに続き、今度はIllustratorもiPadに?

米メディアBloombergは、Adobeが 「Illustrator for iPad」 を開発中で、2019年11月に開催予定の 「Adobe Max」 において正式発表とプレビューを予定していると報じた。リリースは2020年を計画しているという。

Illustrator for iPadが2020年にリリースか

「Illustrator for iPad」 は、PC版Illustratorの機能をiPadでも利用できるようにするアプリ。AdobeはPhotoshop for iPadを2019年内にリリースする計画だが、「Illustrator for iPad」 はそれに続く形だ。

「Illustrator for iPad」 はPC版に用意されている機能のすべての機能がすぐに使えるわけではないのかもしれない。というのも、先にリリースを予定している 「Photoshop for iPad」 がそうだからだ。

もともと 「Photoshop for iPad」 は、PC版Photoshopが利用できる機能をほぼすべて利用できると伝えられていたが、リリース当初は主要な機能が搭載されない予定であることが判明している。例えばペンツールやフィルター、スマートオブジェクト、レイヤースタイリング、カラースペース、RAW画像の編集など。これらの機能は将来的にはアップデートで追加される予定とされているが、すべてが利用できるようになるにはそれなりの時間を要することになりそうだ。

関連記事
iPad Pro 11インチ レビュー | 新型モデルの良さはどこに?
Apple Pencil 第2世代 レビュー | プロのイラストレーターにiPad Proで絵を描いてもらいました

▶︎ 各種iPadの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。