LINE、利用推奨年齢が12歳以上に引き上げへ iOS版は2019年12月に利用推奨年齢レートを変更予定

10月24日、LINEは青少年保護のため、LINEの利用推奨年齢を12歳以上に引き上げることを発表した。具体的には2019年12月頃に、iOS版のLINEアプリの利用推奨年齢レートが12歳以上に変更される予定だ。

LINEの利用推奨年齢が12歳以上に

同変更が行われることで、iPhoneの設定で利用可能なアプリの年齢設定が 「4歳以上」 もしくは 「9歳以上」 になっている場合、LINEのアプリアイコンが消えたり、「機能制限がオンです」 と表示されてLINEが利用できなくなる。

もし変更後にLINEを使い続けたい場合は、保護者の方が利用可能なアプリの年齢設定を12歳以上に変更しておく必要がある。変更は12月の実施を予定しているとのことなので、11月中には設定を変更しておいた方が良さそうだ。

アプリの年齢設定の変更は、設定アプリ内の[スクリーンタイム]>[コンテンツとプライバシーの制限]>[コンテンツ制限]>[App]から可能。「12+」 もしくは 「すべてのAppを許可」 を選択しておこう。

ちなみに、同変更はiOS版アプリだけに行われることが発表されており、Android版やPC版には影響はないとのことだ。

できる 大人の手習い帖 LINE 知りたいこと100選 できるシリーズ
インプレス (2019-03-08)
売り上げランキング: 307,140
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。