iPad版 「Adobe Photoshop」 が配信開始

11月4日、Adobeは以前から予告していたiPad版 「Adobe Photoshop」 をApp Storeで配信した。こちらのリンクからダウンロードすることが可能になっている。

「Adobe Photoshop for iPad」 は、iPad向けに開発されたAdobe Photoshopのフルバージョン。Apple Pencilやタッチでの作業に最適化した合成ツールとレタッチツールを揃えており、今後のリリースではブラシ、マスキング、境界線の調整、被写体の選択など、Photoshopの高度なツールが用意されます。Creative Cloudのブラシやフォントも簡単に利用できるようになるとのこと。

料金はサブスクリプション制になっていて、ダウンロードは無料、App内課金で月々1,080円を支払うことで利用することができる。また、新規登録ユーザーは30日間の無料体験が利用可能だ。

主な機能
【PSD機能をそのままに制作】
レタッチや合成、スポット修復、描画モードなど、使い慣れたPhotoshopの機能をiPadでも使って制作できます。パソコンで保存したレイヤー構造も、解像度も全て同じ。iPadでも、デスクトップと全く同じ品質のPSDを出力できます。

【おなじみのツールを指先で操作】
デスクトップ版と同じように、レイヤースタックやツールバーのツールを使用できます。スワイプ、ピンチ、タップ、手書きなど、これまで以上に直感的な作業が可能です。UIは、状況に応じてよく使う必要なツールとパネルだけが表示されるため、常に整理された状態でカンバスに集中できます。

【どこでも作業可能】
デバイス間のPSD同期は簡単に維持されます。作業中のファイルは自動的にアドビのクラウドストレージに保存されるため、Photoshopさえあればどこからでもアクセスできます。

【合成】
クイック選択ツール、なげなわツール、ぼかしなどの高度な選択オプションを使用して、正確に選択します。ペイントブラシを使用し、画像の特定の部分をマスキングして、精密に合成作業をおこなえます。

【レタッチ】
画像の編集や加工、不要な要素の除去には、スポット修復ツールやコピースタンプなどの機能を使用できます。

互換性は以下のとおり。

対応オペレーティングシステム
• iPadOS
対応デバイス
• iPad Pro(Wi-Fi、Wi-Fiとセルラー)
• iPad Pro(12.9インチ)および第2世代
• iPad Pro(10.5インチ)
• iPad Pro(9.7インチ)
• iPad第5世代
• iPad Mini 4
• iPad Air 2
• Apple Pencil(第2世代)
• Apple Pencil(第1世代)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。