Adobe、iPad版 「Illustrator」 を正式発表 リリースは2020年を予定

現地時間11月4日、Adobeは同社のイベント 「Adobe Max 2019」 で、iPad版 「Illustrator」 を正式に発表した。リリース日は2020年になる予定だ。

公式ブログによると、iPad版 「Illustrator」 の開発はまだ初期段階であり、タッチ操作やApple PencilなどiPad独自の機能を活用するために、一から設計し直されているという。

具体的にアナウンスされている仕様は以下のとおり。

  • 作品をCreative Cloudに保存し、PCとiPad間をシームレスに切り替え可能
  • 作品の制作をiPad上でも完結できるよう、求められているディティールや精度を実現
  • iPad上でも簡単に操作できるよう、インターフェイスを再設計
  • カメラやApple Pencilなどをサポート

iPad版 「Illustrator」 のリリースは2020年を予定。プライベートベータテストの実施も発表されており、こちらから申し込むことが可能だ。

関連記事
iPad版 「Adobe Photoshop」 が配信開始
Illustrator for iPadが2020年に配信か 11月のAdobe Maxでプレビュー:Bloomberg報じる

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。