Microsoft、Word・Excel・PowerPointを統合した「Office」アプリを発表

現地時間11月4日、Microsoftはモバイルデバイス向けに新しい 「Office」 アプリを発表本日からパブリックプレビューが提供されており、誰でも利用することが可能だ (上限1万名)。

Word・Excel・PowerPointが1つのアプリに

今回発表された 「Office」 アプリは、WordとExcel、そしてPowerPointがひとつにまとめられたアプリケーション。従来は各サービスは個別のアプリで提供されていたが、これからは「Office」アプリを開くことでいずれのサービスもアクセス可能だ。

さらにスマートフォンのカメラで撮影した書類をPDF化したり、紙に印刷された文字や表をドキュメント化することが可能だ。スマートフォンの画面でサイン(署名)することもできる。

本日から提供されているパブリックプレビューは、iPhoneとAndroidスマートフォン向け(iOSはTestFlight経由で提供されているが、すでに上限に達しているため利用不可)に提供されている。Microsoftによると、現時点ではスマートフォンのみで利用可能だが、今後はタブレット版もリリース予定とのこと。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。