Xiaomiが日本に上陸。2020年に複数のスマートフォンとウェアラブルデバイスを投入

中国スマートフォンメーカーのXiaomiが、いよいよ日本進出を果たすことがわかった。進出は2020年を予定。11月4日に日本経済新聞が報じたあと、Xiaomiのスマホ市場総監の臧智淵(ザン・ジーユエン)氏がWeiboで報道を認めている。

2020年に日本向けに複数のスマートフォンとウェアラブルデバイスを投入

Xiaomiは中国市場4位のスマートフォンメーカー。世界市場では9%と、Samsung、Huawei、Appleに次いで4位のシェアを持つ。

日本市場においてはすでにTJC株式会社が正規代理店としてXiaomiのアクセサリ製品を販売していたが、母体となるXiaomi自体が日本市場に直接乗り込むとなると、いよいよXiaomiのスマートフォンが日本市場に投入されることが予想される。

Xiaomiは今年9月下旬に日本向けの公式Twitterアカウントを開設したことから、日本市場への本格参入が期待されていた。さらに直接的には関係ないが、ソフトバンクC&S経由でXiaomi関連3社のスマート家電の日本市場への投入が発表されるなど、Xiaomiのビジネスの視線は日本市場に向きつつあった。

Xiaomiのスマートフォンはコストパフォーマンスに優れているだけでなく性能が高いことでも有名。今年2月に発売したトリプルレンズカメラ搭載の 「Xiaomi Mi 9」 など人気機種が多数あるため、日本での早期展開が期待される。

関連記事
ソフトバンクC&S、Xiaomi関連3社のスマート家電を国内販売へ

Xiaomi Mi 9 RAM 6GB/8GB + ROM 64GB/128GB Snapdragon 855 MIUI10 6.39インチAMOLEDディスプレイ 4800万画素三眼カメラ搭載 スマートフォン 本体(グローバル版/日本語対応・Googleアプリ対応)
Xiaomi Mi 9

posted with amazlet
シャオミー
売り上げランキング: 96,638
Xiaomi MiBand4 スマートウォッチ bluetooth5.0 シャオミ スマートカラースクリーン グローバル版 日本語アプリ  消費カロリー計 水泳 50m防水 活動量計 歩数計 心拍計 睡眠モニター 着信通知 新しいカラーAMOLEDタッチスクリーン iOS&Android対応 バッテリー global 国際版 長持ち(最長20日間)【正規品1年保証】
Xiaomi MiBand4

posted with amazlet
Xiaomi(シャオミ)
売り上げランキング: 1,068
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。