iOS 13.3、バックグラウンドアプリが正常動作しない問題を解決か ただし完全な修正には至っていない模様

iOSの次期バージョン 「iOS 13.3」 では、iOS 13.2で問題になっているバックグラウンドアプリの不具合が解消されることになるかもしれない。

Appleは現地時間5日、開発者向けにiOSの最新ベータ版 「iOS 13.3 beta 1」 を公開したが、同ベータ版でアプリを切り替えた際にバックグラウンドアプリが正常動作しない問題が解決されていることが確認された。

バックグラウンドアプリが正常動作しない問題が解決か

現在一般ユーザー向けに配信されているiOSの最新バージョン 「iOS 13.2」 では、バックグラウンド化したアプリが正常に動作しない問題が確認されている。

例えば、ダウンロードしていたファイルが正常にダウンロードできていなかったり、視聴中のYouTube動画の再生位置が保存できていないなど。

この問題はiOSのみならずiPadOSでも発生中だ。原因については明らかになっていないものの、iOSもしくはiPadOSのRAM管理に問題が発生していると推測されている。

本日開発者向けに配信が開始されたiOS 13.3 beta 1では、この問題が改善されていることが確認されている。ただし、まだ同じ現象が発生していると報告する開発者もいるため完全な解決には至っていないようだ。

今後、Appleは複数回のベータ版リリースを経て完全なる解決を実現しようとしているものとみられ、近くリリースされるiOS 13.3では同不具合が解消される可能性が高そうだ。不便な思いをしている方も多いとは思うが、正式版のリリースまでもう少し我慢する必要がありそうだ。

関連記事
iOS/iPadOS 13.2でバックグラウンド化したアプリが正常動作しない不具合 メモリ管理に問題か
「iOS 13.3 beta 1 (17C5032d)」 が開発者向けに配信開始

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。