LINEとヤフーの経営統合が正式発表

11月18日、先日報じられていたヤフー(Yahoo! JAPAN)とLINEの経営統合が正式に発表された。

ヤフーを運営するZホールディングスとLINEを運営するネイバー(NAVER)が、それぞれ50%ずつ出資する共同出資会社を設立。その傘下に新たにZホールディングスを置いた上で、ヤフーやLINEはZホールディングスの子会社として運営を続けていくことになる。

今年12月をめどに最終資本提携契約の締結を予定しているとのこと。この経営統合にともない、上場しているLINEのTOB(株式公開買い付け)を実施。上場を廃止する。

ヤフーとLINEの経営統合が正式発表

ソフトバンクグループは、インターネット市場において海外企業が圧倒的に優勢である状況を踏まえ、国内での圧倒的なユーザー基盤と豊富な資産をもつヤフーとLINEが統合しそれぞれの事業領域の強化ならびに新規事業領域への成長投資を行うことで、日本の社会や産業をアップデートすること、ひいてはその革新的なモデルを世界に展開、日本・アジアから世界を牽引するリーディングカンパニーになることを目指すとしている。

具体的にはAIやフィンテック、コマーシャル、O2O (Online to Offline) などへの投資を行っていく予定。ちなみにZホールディングスは国内最大のインターネット関連企業になる見通し。

関連記事
ソフトバンクC&S、Xiaomi関連3社のスマート家電を国内販売へ
「成長の鍵はAIシフト」 ソフトバンク孫正義社長が法人向けイベントで語る 日本のAI分野に危機感も

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。