d払いが電子マネー 「iD」 のかざす決済に対応

11月18日、NTTドコモは同社の提供するスマホ決済サービス 「d払い」 において、電子マネー 「iD」 によるかざす決済方法に対応することを発表した。これまではバーコードやQRコードを見せる (読み取る) 決済方法のみ利用できた。

d払いがiDによるかざす決済方法に対応

まずは第1段として、「dカード mini」 をd払いに統合。dカード miniは全国のiD加盟店において、電話料金合算払いでiD決済ができる、ドコモのAndroidスマートフォン向けの決済サービス。同サービスを利用しているユーザーはd払いにおいて、全国のiD加盟店でスマートフォンをかざすことによる決済が利用可能になる。これは2019年11月19日(火)から。

そして第2段として、d払いのウォレット残高を利用した決済に対応することで、他社スマートフォンを利用するユーザーにも拡大。また、iOS向けにも 「d払い(iD)」 を提供予定だという。

NTTドコモは今回の発表に合わせて、「決済方法の選択肢を拡大することで、より幅広い層のお客さまが、日常生活のさまざまなシーンで、d払いを便利に、お得に利用できる世界を実現してまいります。」 とコメントしている。

関連記事
ドコモの学割、12月1日から提供開始 25歳以下のユーザーはギガホ・ギガライトが最大1,500円割引 新規もしくは契約変更が必須
ドコモ、自社カードによる料金支払いで2年縛りの違約金を無料に

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。