2020年のiPhoneは全モデルが5G対応。アンテナデザインも5G通信の最適化のために改良へ 著名アナリストKuo氏が伝える

2020年のiPhoneはやはりすべてのモデルが5Gに対応するようだ。これまで未発売のApple製品を予測し悉く言い当ててきたTF International Securitiesの名物アナリストMing-Chi Kuo氏が21日、投資家向けレポートの中で最新iPhoneについて言及した。

2020年に発売するフラグシップ型iPhoneは全機種で5Gに対応する予定。さらにアンテナも5G通信の最適化のため改良される可能性があるとのことだ。

2020年のiPhoneはやはり全モデルが5Gに対応へ

Kuo氏のレポートによると、2020年(秋)に発売する3つの新型iPhoneはいずれも5Gに対応したQualcomm製モデムが搭載される予定だという。

5Gの電波は大きく分けてミリ波と6GHz帯以下(サブ6GHz)の2種類が存在するが、iPhoneはそのどちらにも対応。米国全土に設置されたすべての5G通信局の電波が利用できることになる。また、日本ではノンスタンドアローンのミリ波帯とサブ6GHz帯が提供予定のため、2020年のiPhoneは日本の5G通信網を利用可能とみられる。

さらに次期iPhoneは5G通信のパフォーマンスを高めるためにアンテナ設計が変更されるとのこと。具体的にどのように変更されるのかは不明だが、これについては著名リーカーのBen Geskin氏も、Appleが複数の試作機をテストしており5G通信に対応するためアンテナ設計が変更される可能性に言及していた。

ちなみに、これまで一部モデルのみに搭載されてきた液晶ポリマー(LCP)アンテナがすべてのiPhoneラインナップで搭載されるようになり、近いうちにすべてのiPhoneが5G通信に対応することになるようだ。

つまり、これはLCPアンテナを搭載していないiPhone 8やiPhone XRの販売が終了する可能性があるということ。いつ販売が終了するのかは不明だが、早くて来年、遅くても2021年には実行されるのではないだろうか。

関連記事
2020年発売のiPhone 3機種はいずれも5G対応か
2020年のiPhoneは製品デザインが大幅変更 5G対応など性能も向上へ

Apple AirPods Pro
Apple(アップル)

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。