iPhone 12、5G対応モデルは2回に分けて登場か まずはサブ6GHz帯対応モデルが9月に発売

2020年の新型iPhone 「iPhone 12」 の5G対応について、新たな情報が登場。SusquehannaのアナリストMehdi Hosseini氏が投資家向けに公開したレポートで、Appleは5G対応iPhoneを2回に分けて発売するという予測を発表した。

Appleは5G対応iPhoneを2回に分けて発売?

5Gの電波は大きく分けてミリ波と6GHz帯以下(サブ6GHz)の2種類が存在する。サブ6GHz帯は広範囲に電波が届きやすいという特徴がある反面、周辺の電波の干渉を受けやすい。

対するミリ波帯の電波は直進性が高く広範囲を網羅するにはやや不向きだが、電波干渉を受けることが少なく人口集中エリアなどでの展開に向いているとされている。

これまでの情報ではiPhone 12はこの両方の電波に対応するとのことだったが、今回のレポートではまずはサブ6GHzに対応したモデルのみが9月に発売されることになるとSusquehannaのアナリストは伝えている。

ミリ波に対応したモデルは2020年12月もしくは2021年1月にずれ込む可能性が指摘されている。この理由はサードパーティ製ではなく独自のアンテナインパッケージモジュールを採用するとのAppleの決定に基づいた予測であるとのこと。

モデル 発売時期
サブ6GHz対応モデル 2019年9月
ミリ波帯対応モデル 2020年12月〜2021年1月

もし今回のレポートの予測が正しければ、ミリ波に対応したiPhoneが登場する2020年の12月もしくは2021年の1月までは、5Gの恩恵を最大限に受けられるモデルはおあずけということになりそう。

とはいえ、それを知っているユーザーたちがサブ6GHzのみに対応したモデルを購入するだろうか。Appleの戦略としてやや信憑性が欠けることもあり、今回の情報については少し懐疑的に見る見方もあることを付け加えておきたい。

関連記事
2020年発売のiPhoneは全機種で5Gネットワークをサポートか Ming-Chi Kuo氏が伝える
2020年のiPhoneは全モデルが5G対応。アンテナデザインも5G通信の最適化のために改良へ 著名アナリストKuo氏が伝える

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。