プラチナゲームズ、中国テンセントと資本提携を締結 パブリッシング事業も着手

1月7日、プラチナゲームズは中国テンセント・ホールディングス社からの出資を受入れる形で資本提携を行うことを発表。今回の出資受け入れによってプラチナゲームズは経営基盤を強化する。

プラチナゲームズがテンセントと資本提携を締結

テンセントは中国広東省深圳市に本拠を置く会社。売上高ベースで世界最大のゲーム会社で、Epic Gamesの親会社としても有名だ。

プラチナゲームズは 「ベヨネッタ」 「VANQUISH」 「ニーア オートマタ」 など人気ゲームを手掛けてきたゲームメーカー。

プラチナゲームズは今回の資本提携によって自社の自主性に変化はなく、従来の経営陣を中心に経営を行うことを明らかにした。また、自社タイトルのパブリッシング事業にも着手することも併せて発表している。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。