App Store、2020年元日に過去最高の売上を記録

2020年元日、App Storeの1日の売上が過去最高を記録した。現地時間7日、Appleはプレスリリースで明らかにした。

Appleの発表によると、2020年1月1日のApp Storeの売上額は3億8600万ドル(約419億5000万円)。これは2019年元日と比べて20%増となる数字で、過去最高の売上となる。

また、2019年12月24日(クリスマス・イブ)から12月31日(大晦日)までのホリデーシーズンの売上額は14億2,000万ドルを記録したとのこと。これも過去最大の売上で前年比16%増となっている。

2020年1月1日のApp Storeの売上が過去最高を記録

App Storeについて、Appleは 「世界で最も安全で最も活況を呈しているアプリケーション市場」 とアピールしている。毎週5億人以上・世界155か国のユーザーが同ストアを利用していること、そして2008年に創設されてからアプリケーション開発者に対して累計1550億ドル以上を支払ってきたことを伝えている。ちなみに、このうちの1/4は昨年1年で得られたものであり、市場規模が急拡大していることを発表している。

また、今回のプレスリリースでAppleは 「Apple Music」 「Apple Arcade」 「Apple TV+」 の状況にも言及している。

「Apple Music」 は6000万以上の楽曲、何千ものプレイリストが世界115か国で配信されている。2019年には音楽と同期する歌詞表示が新機能として公開され、50%以上のリスナーが同機能を利用しているとのこと。

「Apple Arcade」 は、Appleの定額制ゲーム配信サービス。100本以上の新作・独占ゲームが配信されており、各Apple製品から自由にアクセスすることが可能だ。 2020年も毎月、新作ゲームや既存ゲームの新規エピソードが追加されていく予定。

「Apple TV+」 は、Appleのビデオ配信プラットフォーム。ザ・モーニングショー、ディキンスン、フォー・オール・マンカインド、SEE~暗闇の世界、サーヴァント~ターナー家の子守などのApple独自制作のタイトルが多数配信されている。現在は世界100以上の国・地域でサービスが展開されている。

関連記事
Apple、2020年第1四半期の決算を1月28日に発表へ

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。