Appleの新社屋建設現場の最新4K空撮映像が公開 大量の太陽光パネルが屋上に設置

もはや毎月恒例となっている、Apple新社屋ビル建設の進捗具合の報告動画だが、今月も上空からのドローン空撮映像が届いたので、今の進捗具合をお伝えする。

applecampusjune1

Appleの新社屋ビル「Campus 2」は現在、急ピッチで建設が進められているようで、先月初めに撮影されたことからもかなりの進捗ぶりを伺うことができる。特に、メインのビルの建設が目覚ましく進んでおり、屋上にはかなりの面積の太陽光パネルが設置されているようだ。

applecampusjune3

applecampusjune5

また、その他にも11,000台の乗用車を駐車できるガレージもほぼ完成に近づいているようで、屋上の75%には太陽光パネルが敷き詰められたとのこと。最終的には屋上の全面が太陽光パネルで覆われるようで、かなりの費用がかかっていることが想定される。

applecampusjune4

その他にも、フィットネスセンターや研究開発施設の建設なども進められており、「Campus 2」を車で移動するための地下トンネルの建設も進んでいるようだ。

applecampusjune2

CEOティム・クック氏によると、完成まではまだ時間がかかるようで今年中には完成しないとのことだが、それでもだいぶ形になってきているので、すでに完成が楽しみだ。

今回の空撮映像は以下に掲載しておくので、気になる人は是非視聴してみてほしい。

[ via 9to5Mac ]

applecampusjune2
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう