新型「MacBook Pro」の筐体画像がリーク やはりファンクションキーは有機ELタッチバーに置き換わる?

最近のApple界隈の話題といえば新型「iPhone」のことばかりで、あまり「MacBook Pro」について触れられていない。今年の「WWDC 2016」では最新版が発表される可能性があることからかなり注目されているのだが、その具体像については全く分からずのまま。

先日の一部の噂によると、新型「MacBook Pro」はファンクションキーは搭載せず、有機ELディスプレイを使用したタッチバーが搭載されると報じられていたのだが、今日それを裏付けるような筐体リーク画像が届いているので紹介しようと思う!

タッチバーを導入するスペースが設けられていて、全USBポートが「USB-C」タイプに置き換え

macbookproleak4

こちらが今回公開されたリーク画像で、新型13インチ型「MacBook Pro」の筐体を撮影したものとみられる。

見ると画像にはキーボードとトラックパッドが搭載される前なので、どのようなキーやパッドが搭載されるかまでは判断できないが、キーボードの上部を見て欲しい。普通ならあるはずのファンクションキーの部分だけが取り除かれていて、いかにも先日の噂通りの「タッチバー」が搭載されそうなスペースが確保されているようにも見える。

macbookproleak1

現行モデルと比較してみるとその違いは一目瞭然。トラックパッドも多少横長に改良されているような気もする。

macbookproleak3

内部のキーボードキーがどのような構造になっているかはこれだけでは判別できないが、噂ではバタフライ構造のキーが採用されているとも言われていて、よりキーが押しやすくなるとのこと。

macbookproleak2

気になる外部端子だが、上の画像を見ると筐体両側に「USB-C」ポートが2つずつ搭載されていて、全ポート数は4つで、全てのポートが「USB-C」ポートに置き換わる可能性が高い。

充電端子(MagSafe)も廃止されており、「MacBook Pro」の充電は全てUSB-Cポートで行う必要が出てくるのかもしれない。従来型USBタイプの端子が搭載されていないのはユーザーフレンドリーだとは思えないが、今後「USB-C」タイプのポートで一本化するのであればやむなしか。

この「MacBook Pro」は現段階の情報によると、「WWDC 2016」では登場しない。早くても2016年の秋、遅くて来年以降に発売されるものとみられているのだが、新たな新機能が搭載される可能性があるだけにかなり注目の一品となっている。

[ via Cult of Mac ]

macbookproleak4
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう