新型「MacBook Pro」のヒンジ部品がすでに製造されている模様 新型モデルは第4四半期にリリース?

macbookproleak1

ここ数日、新型「MacBook Pro」の噂が絶えない。先日公開されたリーク画像によると新型「MacBook Pro」は有機ELタッチバーを搭載されるとみられているが、実はヒンジ部分も多少なりとも変化する可能性が高い。

リーク画像を見ると、新型に導入されるヒンジ用の部品は、12インチ型「MacBook」で採用されているものと同じものとみられているのだが、どうやら同製品のサプライヤーはすでにこのヒンジパーツの出荷を進めているようだ。

出荷スケジュールから推察すると新型「MacBook Pro」は第4四半期にリリースされる可能性あり

DigiTimesは、工商時報のレポートから新型「MacBook Pro」に導入される新バージョンのヒンジ部品は、ノートPCのヒンジ部分を製造するメーカーJarllytecにより製造されており、Appleに対しすでに出荷を開始しているようだと伝えている。

OLEDforMBP1

新型「MacBook Pro」に搭載されるとみられるヒンジ部分は、先でも触れたように、12インチ型「MacBook」で使用されているものとほとんど同じもので、金属粉末射出成型法で製造されたものになるという。

金属粉末射出成型法(MIM)は、小さく複雑な金属部品を製造するための技術で、製造コストは割と高い。だが、この技術を活用すれば部品を小さくできるため、薄型化や軽量化を図ることが可能になる。そのため、同技術を使用した「MacBook Pro」は、本体の薄型化が図られている可能性が高いというわけだ。

また情報元によると、Jarllytecは15インチ型「MacBook Pro」用にも同様のヒンジを製造する予定で、2016年の第3四半期には出荷が開始されるものとみられているとのこと。

macbook-keyboard

これらの出荷スケジュールを考慮すると、やはり新型「MacBook Pro」は来週に開催される「WWDC 2016」では発表されない可能性が高い。そして、15インチ型「MacBook Pro」への部品供給が2016年の第3四半期ということは、これらの新型モデルが登場するのは今年の9月~12月頃になる可能性が高い(もしかしたら13インチモデルだけ先にリリースされる可能性もあるが)。

macbook-touchbar2

同端末はヒンジ部分のパーツが変更される可能性が濃厚になっているわけだが、一番の注目はファンクションキーが有機ELタッチバーに置き換わる可能性があるということ。具体的な仕様などについてはまだまだ不明なのだが、多くの「MacBook Pro」ユーザーが期待している新機能だ。

一部のメディアでは、このタッチバーは起動するアプリによって映し出されるボタン(アイコン)を変えることができると言われていたりと、ユーザーが好きなようにカスタマイズできるようになる可能性が高い。従来までの「MacBook」の使用感を大きく変える可能性があるだけに、個人的には非常に楽しみだ。

OLEDforMBP1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう