【iOS 10】ロック画面の解除方法が変更に 「スライド」からホームボタンの「プレス」式に

ios10-1

昨日、Appleから次期「iOS 10」が発表され、そして同時にデベロッパー向けには「iOS 10 beta 1」が公開された。

昨日の基調講演によると、「iOS 10」はロック画面が大幅に変更され、より使い勝手の良いものになることが伝えられていたが、それと同時にロック画面の解除方法が変更になることが明らかになった。

【関連】【完全まとめ】Apple、WWDC2016で「iOS 10」を発表 スタンプ機能など全新機能を解説

ロック解除は今後、スライドからホームボタンのプレス式に

BGRによると、昨日デベロッパーに向けてリリースされたばかりの「iOS 10 beta 1」では、iPhoneのロックを解除するための基本操作「slide to unlock(スライドでロック解除)」が「Press home to unlock(ホームボタンを押してロック解除)」に変更されていることが判明した。

wwdc2016-ios10_143

Appleの基調講演で明らかになったことだが、「iOS 10」からはロック画面から各種機能にクイックアクセスできるよう仕様が変更された。

例えば、ロック画面からすぐにカメラを起動するには、ロック画面を左にスライド、ウィジェットを開くにはロック画面を右にスライドさせることで、ロック画面にいてもすぐにiOSの機能を利用できるようになっている。

ios10-unlock

この機能を盛り込むことで便利になるのは間違いないが、これを導入すると、同時に弊害も生まれてしまう。今までは画面下部分をスライドさせることで「iPhone」のロックを解除することができていたが、これができなくなってしまうのだ。

つまり、ロック解除方式がスライド式からプレス式になったのは、これらの仕様変更のために行われたものだろう。

最近は指紋認証システム「Touch ID」を利用しているユーザーが多いため、この仕様変更に戸惑う人は少ないと思われるが、今までずっとスライドでロック解除をしてきた人や、「Touch ID」が搭載されていない「iPhone 5」などでロック解除するとなると少し違和感があるかもしれない。「iOS 10」のリリース後は慣れるまで少し時間が必要になるかも。

[ via BGR ]

ios10-unlock
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう