「iOS 10」、Safari内の動画をインライン再生できるように 自動再生にも対応

ios-10-inline-video1

先日、Appleが発表した「iOS 10」はすでにデベロッパーの手に渡っており、発表された機能の他にも細かい仕様が分かってきた。

そして、本日も新しい機能が発見されている。「iOS 10」から、Safari内での動画はインライン再生が可能になるそうだ!

インライン再生で動画の見やすさが格段に向上

「iOS 9」以前のiOSを使っている方ならお分かり頂けるとお思うのだが、YouTubeなどの動画をWEBサイト上で再生した場合、ほとんどの動画が全画面表示されてしまうはずだ。

それが「iOS 10」からは全画面表示ではなく、もともと埋め込まれていた動画枠内だけで再生することが可能になるという。

9to5Macが、実際に動画をインライン再生した時の様子を動画で掲載しているので、以下を見てみてほしい。

動画を再生した時に、皆さんの端末ではおそらく全画面で表示されたと思うのだが、9to5Macで紹介されている動画では、全画面表示された後に右上のフルスクリーン解除ボタンをタップすることで、YouTube動画がWEBブラウザ内の枠内で再生することができていたはずだ。

この仕組みは「iOS 10」ではデフォルトで機能するということだが、「WebKit-playsinline」プロパティを使用することで、ユーザーが再生する前から全画面表示をさせることもできるとのこと。また、音が鳴らないようになっている動画であれば、ウェブの読み込みと同時に再生を開始することもできるようになっているそうだ。

既存の動画再生機能も便利になった「iOS 10」は、まだまだ細かい仕様変更が眠っていそうではあるが、今回の動画再生については、ユーザーにどのように動画を再生させるか、ウェブ側であらかじめ設定しておく必要があるかもしれない。

「iOS 10」の正式リリースは秋なので、それまでにどうするかを決めておく必要がありそうだ!

[ via 9to5Mac ]

ios-10-inline-video1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう