「iPhone 7 / 7 Plus」のディスプレイパーツがリーク 初の3モデル体制に?

WWDC 2016」も終わり、ユーザーの次なる興味はいよいよ9月に行われるとされている「iPhone 7」の発表会に向いているのではないだろうか。

先日には、「iPhone 7 Plus」へのデュアルレンズカメラの搭載が見送られたといった噂が話題を呼んでいたが、今回は「iPhone 7」シリーズのモデル体制に関する新たなリーク画像がNowhereelse.frから公開されているので紹介する!

「iPhone 7」シリーズは3モデル体制?それともプロトタイプ機か

今回、Nowhereelse.frが公開しているのは、以下のリーク画像。

iPhone-7-3dtouchleak

この画像は中国Weiboで公開されていたもので、右に3つ並べられたものが、それぞれ4.7インチモデルと5.5インチモデルのディスプレイ部品を撮影したものとみられ、一番左の「iPhone 6s」のディスプレイ部品と比べると複数の点で違いを確認できる。

これらの違いから、新型iPhoneにどのような部品や新しい機能が搭載されるかなどを推し量るのは難しいことだが、パーツ部品が大きく変化していないことから、今までの噂通り、4.7インチモデルの「iPhone 7」は現行モデルの「iPhone 6s」からさほど変化はせず、「iPhone 7 Plus」に至ってはデュアルレンズカメラが搭載されるものと見られる。

deep blue

ただ、今回のリーク画像で気になるのは、4.7インチモデルのパーツのみ2種類用意されているということだ。

一時は5.5インチモデルの上に「プレミアムモデル」が作られ計3モデル体制になると言われていたこともあったが、上記の通り、現行では2モデル体制で発売される可能性が濃厚と言われていることから、4.7インチモデルが2つ掲載されている理由はおそらくどちらかがプロトタイプであると考えるのが妥当だろう。

もしかしたら4.7インチモデルが2モデル体制になる可能性も否定できないが、Appleはより付加価値のついた上位モデルの販売を促進したいはず。わざわざ下位モデルのラインナップを増やす意味はないだろう。

[ via Nowhereelse.fr ]

iPhone-7-3dtouchleak
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう