Twitter、投稿できる動画の最大時間を30秒から140秒に延長ーーVineも最大140秒まで拡大

twitter

本日、Twitterは、動画投稿サービス「Vine」で投稿できる動画の長さを現行の6秒から最大140秒へと拡大するとともに、Twitter上に投稿する動画の最大時間を140秒に拡大することを発表した。

Twitterによると、2016年に入ってからユーザーが投稿する動画の数は約50%ほど増加しており、今回のアップデートはそれらをさらに発展させるものになるはずだ。

最大140秒の動画の投稿は、今後順次利用可能になる。まずはウェブ版で公開されるものと思われるが、まもなくiOS版とAndroid版もリリースされるとのこと。また、WindowsやMac向け公式アプリでも今後利用可能になるようだ。

また、動画投稿サービス「Vine」についても従来の6秒から最大140秒へと大きく変更になっている。こちらはまずは一部のクリエイターのみに提供されるようだが、まもなく一般ユーザーも利用できるようになるだろう。

今まで動画時間が短くて伝えきれなかったことも、これからは動画だけで伝えることができるようになるはずだ。利用出来るようになったら早速30秒以上の長めのムービーを撮影してアップロードしてみよう!

 [ via Twitter ]

twitter-logo
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう