Apple、デベロッパー向けに「iTunes 12.5」をリリース Apple MusicのUIが変更になっている模様

itunes12.5

本日、Appleからデベロッパー向けに「iOS 10 beta 2」や「macOS Sierra beta 2」が公開されたことをお伝えしたが、これらのベータ版のリリースに合わせて「iTunes 12.5」がリリースされているようだ。

今回公開された「iTunes 12.5」では、「WWDC 2016」で発表されている通り、「Apple Music」のUIが刷新されているとのことだ。実際にどう変わっているかは僕は分からないが、Twitterで最新バージョンを公開しているユーザーによると、「iTunes 12.5」の「Apple Music」のUIはこうなっているらしい。

同バージョンはあくまでも「macOS Sierra beta 2」をインストールしているユーザー向けにリリースされているもので、一般のユーザーは利用できない。

「macOS Sierra」に関しては、今月にもパブリックベータテスター向けにベータ版が公開される予定となっていて、「iTunes 12.5」はパブリックベータテスターにも配布されるものと思われるが、一般リリースは今年の秋に行われるものと思われる。

[ via iGeneration ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。