またもや「iPhone 7」の筐体を撮影したものとみられる画像がリーク iSightカメラが巨大化

先日、次期「iPhone」の「iPhone 7」のリーク画像が登場したことをお伝えしたが、また新たなリーク画像が公開されている。しかも前回と同様、解像度が高い画像であることから信憑性が高い!

次期「iPhone」の最新リーク画像を公開することで有名なNowhereelse.frのSteve Hemmerstoffer氏が、Twitterで「iPhone 7」の筐体を撮影したものとみられる画像を公開しているので詳細をお伝えする。

背面は現行モデルと変更点は少なく、カメラに関しては巨大化

こちらが今回公開されている画像で、「iPhone 7」の背面を撮影したものとみられる。

iphone7leak

以前からお伝えしている通り、「iPhone 7」は現行モデルとほぼ同じデザイン、同じ仕様になっているようで、やはり背面のアンテナバンドは廃止されていることが確認できる。そしてカメラレンズのサイズが現行モデルよりも大きくなっていることからカメラの性能が向上している可能性が極めて高い。

これが「iPhone 7」の本物を撮影した画像かどうかは不明だが、筐体は最近の噂通りの仕様になっていることに加えて、画像の解像度が高いことから、本物である可能性はかなり高いように思う。

ひとつ気になるのは、今回のリーク画像もそうだが、「iPhone 7」に関してのリーク画像はほとんどが背面を撮影した画像のみで、前面を撮影した画像は未だにほぼ公開されていないということ。

一部の噂では「感圧タッチ式ホームボタン」が導入されているなど、新しい機能が搭載されている可能性もあることから(背面に関しては、これ以上に何か仕様変更があるわけではないようなので)、出来れば前面を撮影した画像が欲しいところ。

ちなみに、数ヶ月前からの噂で有力な「ヘッドフォンジャックの廃止」に関しては、今回の画像からは判断できない。

iphone7leak
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう