「iPhone 7」で採用されると噂の新Lightningイヤフォンのリーク画像が公開?

今年の秋に発売する予定の「iPhone 7 / 7 Plus」は、従来までの3.5mmヘッドフォンジャックが廃止されることがほぼ確実視されている状況だが、これがもし実現した場合、今後はイヤフォンで音楽を聞くときは「Lightningポート」を使って接続することになる。

そうとなると、当然「iPhone 7 / 7 Plus」に同梱されるイヤフォンは「Lightning」端子を搭載したものになると考えるのが自然なわけだが、実際どのようなイヤフォンになるのだろうか。

Nowhereelse.frによると、中国のWeiboでLightning端子が採用された「EarPods」を撮影したとみられる画像が公開されているとのことなので、紹介させていただく。

偽物の可能性が高いが、イメージ画像としてはそれなりに優秀

apple-iphone7-earpods1

こちらがNowhereelse.frが紹介しているリーク画像で、「iPhone 6s」などの現行モデルに同梱される「Apple EarPods with Remote and Mic」と似たものになるが、先端の接続端子部分がLightning端子に置き換わっているのが確認できる。

apple-iphone7-earpods3

apple-iphone7-earpods5

apple-iphone7-earpods2

新しい「EarPods」に関しては以前からもこのような画像は出回っており、ヘッドフォン端子が廃止されると噂の新型iPhoneに同イヤフォンが付属するのではないかと言われているようだが、よくよく見るとLightning端子部分のパーツの色が、リモコン部分とEarPods部分で違う点にお気づきいただけるだろうか。

また、Lightning端子部分のパーツが妙に大きなパーツとなっており、非常に存在感があることからかなり作りが甘いようにも見える。

Appleの製品とは思えない「雑さ」加減から、この画像は偽物を撮影したものであると考えるのが妥当だろうとは思う。

apple-iphone7-earpods4

ただ、実際にLightning端子が置き換えられた「EarPods」が登場するならば、おそらく今回の画像のような製品になると思われる。偽物ではあるとは思うが、発売前のイメージを膨らませるにはちょうどいい素材となりそうだ。

ちなみに、3.5mmヘッドフォン端子は廃止される可能性が濃厚だが、もしかすると従来イヤフォンを使い続けることは可能かもしれない。

先日噂として登場してきた情報にはなるのだが、もしヘッドフォンジャックを廃止した場合、Appleは「iPhone 7 / 7 Plus」にイヤフォン端子とLightning端子を変換するアダプターを同梱するのではないかと言われている。

このアダプターを使うことで、現在僕らが使っている3.5mmプラグを採用したヘッドフォンを使用できる可能性があるのだ。こちらもあくまで噂なので実際どうなるかは分からない。個人的にはヘッドフォンジャックは廃止する必要はないと思うのだが、防水性能を高めるためには仕方のないことなのかな。

【追記】やはり今回のリーク画像は偽物だったとのこと。Appleとは無関係の人間がコピー品として製造したものであるとのことだ。

apple-iphone7-earpods1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう