Apple、「パリ祭」を記念してフランスのトリコロールを意識した「Shot on iPhone」の広告を掲示

本日、Appleはフランス共和国設立を祝う「パリ祭 (Bastille Day)」を記念して、フランスの首都パリ各地でフランス国旗をイメージした広告を掲示しているようだ。

街中の広告は、いずれもAppleが実施しているキャンペーン「Shot on iPhone(iPhoneで撮影)」を展開したものとなっており、写真全体が青、白、赤になっている写真のみを選別して、フランス国旗トリコロールをイメージして左から順に並べられている。

parisai

また、フランスのApple公式WEBサイトも今日だけの特別仕様になっており、こちらも同じくトリコロール風の表示に。ちなみに「パリ祭 (Bastille Day)」とは、1789年7月14日に発生したフランス革命の発端となったバスチーユ監獄襲撃を記念するもの。フランス共和国の成立に繋がる大事件だったことから実質的にフランスの建国記念日となっている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。