次世代「PS4」の「PS4 NEO」の内部情報がリーク 早ければ10月に発売か?

psvr-playstation2

先日から噂になっている次世代型PS4の「PS4 NEO」だが、早ければ10月にもリリースされることになるかもしれない。

「PS4 NEO」のデベロッパー向け資料がリークされており、その内容によるとより高解像度のゲーム出力に対応した端末になるという従来の噂に沿ったものになっていることが判明している。

「PS4 NEO」の発売は2016年10月か

PS4Daily.comよると、今回明らかにされたものは「PS4 NEO」の最初期のデベロッパー向け資料で、同機種のスペックの概要が記載されているという。

sonyps4leak4

上記が今回リークされた資料になるのだが、資料内容によると「PS4 NEO」に搭載されるCPUコアは、従来端末にも搭載されている「Jaguar」を約1.3倍ほど高速化させたものになり、グラフィック性能に関しては現行PS4よりも約2.3倍ほど向上するとのこと。

メモリー容量(8GB)とHDDに関しては、現行機種から据え置くようだ。

sonyps4leak1

この「PS4 NEO」に関しては、すでにソニーのCEOも存在を認めていて、先日開催されたE3では発表はできないとしていながらも、近いうちに発表する予定であることを明らかにしていた。

今回のスペックを見ても、現行機種から全ての性能が大幅に向上しているわけではなく、あくまでも現状の噂を裏付けるものとなっている状態だが、グラフィック性能の向上で「PS4 NEO」では、より高解像度のゲーム(例えば4Kゲームなど)がプレイできるようになるだろう。

sonyps4leak2

sonyps4leak3

ちなみに、2016年10月以降にソフトを発売するすべてのデベロッパーは、「PS4」と「PS4 NEO」のどちらにも対応させる必要がある。

デベロッパーの方々は2つのプラットフォームに対応させなくてはいけないため大変になるとは思うが、ユーザー目線で言うとどちらのハードでもプレイできるのは非常にありがたい話だ。

10月以前にタイトルをリリースしたものに関しては、「PS4 NEO」に対応させるためのパッチを出すかどうかについてはデベロッパー側で決めることができるとのこと。そうなると、もし「PS4 NEO」を買ったとしても、過去にリリースされた「PS4」タイトルの一部は「PS4 NEO」でプレイすることはできないかもしれないという点には注意が必要だ。

PlayStationVR

今回のリーク情報によると、スペックはグラフィック性能面で大きく向上することが判明。ユーザーは、より高解像度のゲームをプレイすることができそうだ。

また、ゲームの開発者向けには「10月」をもって、ソフト開発方針が変更になることが明らかになったことから、新型「PS4」の登場は今年の10月になる可能性が高い。

今年の10月にはソニーのVRヘッドセット「PlayStation VR」が登場することもあり、今年の後半はゲーム業界がさらにアツくなるかもしれない。

[ via Engadget日本版 ]

PS4
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう