Apple、イヤフォン端子廃止の「iPhone 7」のために無名企業を使ってBluetoothイヤフォン「AirPods」を商標登録

apple-iphone7-earpods4

今秋に販売が開始される予定の「iPhone 7」に関するリークや噂は、ここのところ毎日のように登場してきており、本体の大きな変化としては「ヘッドフォンジャック」が廃止されることがほぼ確実となっている。

そうなると、これまでに同梱されていたイヤフォンはLightning端子のものに変更される可能性が大きく、先日も、中国WeiboでLightning端子が採用された「EarPods」を撮影したとみられる画像が公開されていたが、この有線イヤフォンの他にも、Apple純正の「AirPods」という名前のBluetoothイヤフォンが出てくるのではないかとの噂が囁かれているのでご紹介しよう。

無名企業を使ってAppleが商標登録?

MacRumorsによると、昨年、「Entertainment in Flight LLC」という無名企業によって「EarPods」に似た名前の「AirPods」という商標が登録されていたが、この無名企業にはAppleが関わっていることを決定づける証拠が発見されたようだ。

同企業は「AirPods」に関する問い合わせに回答した際に、ある文書に「ジョナサン・ブラウン」と署名。その名前は、Appleが雇っている弁護士の「ジョナサン・ブラウン」氏と一致し、その署名の筆跡もかなり似ていたとのこと。

airpods_1

airpods_2

これがその証拠だ。上が今回「Entertainment in Flight LLC」の「ジョナサン・ブラウン」氏が署名したもので、下がAppleが雇っている弁護士の「ジョナサン・ブラウン」氏が以前に勤めていた「Rambus Inc.」で署名したもののようだが、こうして比較すると、確かに筆跡はかなり似ており、別人とは思い難い。

ということは、やはり「Entertainment in Flight LLC」にはAppleが関わっており、「AirPods」という名前の製品が今後出てくるかもしれない。また、「Air」と銘打ってあることから、Bluetoothイヤフォンである可能性も極めて高いだろう。

しかし、実際に「iPhone 7」に同梱されるのかと言われると、その可能性は低いと言える。なぜなら、Bluetoothイヤフォンのコストは有線イヤフォンに比べると高く、あまり現実的ではないからだ。MacRumorsも「AirPods」は別売りになると推測しているようだ。

iphone-7-space-black-concept_5

イヤフォンジャックが廃止されると、イヤフォンは必然的にLightning端子になるので、充電と同時にイヤフォンを使うことは不可能になるはず。そうなると、「iPhone 7 / 7 Plus」にワイヤレス充電機能でも搭載されない限り、イヤフォンを頻繁に使うユーザーはBluetoothイヤフォンに頼らざるを得ないだろう。

Apple純正のBluetoothイヤフォン「AirPods」の値段はどれほどになるものか、もう少しリークが出てきて欲しいところだ。

[ via MacRumors ]

apple-iphone7-earpods4
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう