ソフトバンク、ARMホールディングスの買収を正式に発表 今後は半導体市場におけるキープレイヤーに

つい先ほど、海外メディアによって、Softbankがイギリスの半導体メーカー「ARMホールディングス」を買収することで合意に近づいているという報道が伝えられていたが、本日、Softbankが正式にその発表を行っているので詳細をお伝えする。

Softbankの発表によると、今回の買収総額は約240億ポンド(約3.3兆円)となり、ARMホールディングスの株式1,412百万株を取得。ARMホールディングスをSoftbankの完全子会社にするという。

具体的に半導体市場がどう変わるかなどについては現段階では何も分からないが、今回の買収によって今後Softbankは、半導体市場で非常に重要なプレイヤーとして役割を担っていくことになる。少なくとも今回の発表で、Softbankは科学技術の発展とイノベーションにおいて世界的に先導的地位を有する英国に対して投資していくことを明確にしている。

[ via Softbank ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。