Twitter、認証済みアカウントの「青いバッジ」を申請フォームからリクエストが可能に 注目分野のユーザーアカウントが対象

twitter-badge

Twitterを利用していると、タイムライン上に上記画像のような青いバッジを見たことがあると思う。

このバッジは、タレントや政治家などの有名人のTwitterアカウントについていることが多いのだが、そのTwitterアカウントが本人の正式なアカウントであるかを証明するための「認証バッジ」となっている。

twitter-jp

今まではTwitter側からコンタクトがあったユーザーのみが「認証バッジ」をつけることができていたが、今日からそれ以外のユーザーもバッジをつけれるようになるかもしれない。

Twitterは本日、ニュースリリースを発表し、「認証バッジ」の申請リクエストをユーザーからも受け付けることを発表している。

複数の注目分野のユーザーが対象

Twitterが発表したニュースリリースによれば、今回の「認証バッジ」の申請リクエストはどのユーザーでも可能だが、多くのユーザーに影響を与える可能性がある音楽、演劇、ファッション、政府、政治、宗教、ジャーナリズム、メディア、スポーツ、ビジネス、その他の注目分野で著名な方々を対象にしているとのこと。

申請には有効な電話番号やメールアドレスに加えて、プロフィールや誕生日、プロフィール画像が必要で、プライバシー設定でツイートが「公開」になっていること、管理するウェブサイトが存在することも条件となっている。

ちなみに、この「認証バッジ」を手に入れると、いくつかの特権のような機能が与えられるようだが、一般ユーザーと大きな違いはない。現在、「認証バッジ」が与えられたアカウントは約18万7000件で、月のアクティブユーザー数の0.06%に該当する。

「認証バッジ」を手に入れたからといって、特段できることが増えるわけではなさそうだが、普段からなりすましやTwitterによる発信をメインとしている人は今回の「認証バッジ」の申請を行ってみてもいいかもしれない。申請リクエストはこちらからどうぞ。

[ via TechCrunch ]

twitter-badge
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう