「ゴリラガラス5」が発表 スマホやタブレットの画面がより割れにくくなります!

gorillaglass56

スマホの画面を守るために、より強くて頑丈なガラスが登場だ。スマホやタブレットなどに採用されている強化ガラス「Gorilla Glass(ゴリラガラス)」がもっと進化する。

本日、ガラスメーカーのCorningは「Gorilla Glass 5」を発表しているので、詳しくお伝えしよう!

1.6mもの高さから落としても大丈夫な設計に

今回発表された「ゴリラガラス5」は、従来のユーザータッチ感度や対傷性を維持しつつ、落下に対する対衝撃性能を強化することに成功した製品

gorillaglass55

スマホを持つユーザーが1年間に1回以上スマホを落とす割合は約85%以上。しかも、年に3回も落としたことがある人の割合は55%以上もいる。このうちの約60%の人は肩や腰の高さからスマホを落としてしまっているそうだ。

gorillaglass55

約1mもの高さからスマホを落とせば、運が悪ければスマホの画面はバキバキになってしまうものだが、なんと「ゴリラガラス5」であれば、約1.6mの高さから落としても大丈夫なように設計されている。

gorillaglass54

自撮りをよくする人であれば、このぐらいの高さまでスマホを掲げるのは日常茶飯事。このガラスが採用されれば、安心して自撮りができるようになるかもしれない。

gorillaglass53

Corningによれば、「ゴリラガラス5」の実証実験で、1.6mの高さから落ちてもガラスが割れない事を確認しており、競合企業の強化ガラス製品に比べて約4倍程度の耐久度となっているとのことだ。

gorillaglass51

ちなみに、ゴリラガラスは40社以上のメーカーに採用されており、搭載されているデバイス数は世界で45億台以上。今後は街中でもバキバキに割れたスマホ持つ人を見る機会も少なくなるかもしれない。

あまり僕はスマホを地面に落とすということはしないが、万が一、地面に落としてしまったらと考えると、やはり画面は強くあってほしいところ。できれば「iPhone 7」あたりで採用されていてほしいのだが、さすがにまだ無理かな。

[ via MacRumors ]

 

gorillaglass54
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう