iOS版「Twitter」公式アプリで、一部のユーザーのUIが一部変更されていることが明らかに

twitter

先ほど、ふと自身のTwitter公式アプリを見たらいつもと違う表示がされていたことに気づいた。タイムライン上に新規ツイートがすぐに作成できるようにバーが設置されているのだ。

今までに出たことがない表示だったので、びっくりしてネットで調べてみたのだが、Mashableによると、現在、一部のiOSユーザーのTwitter公式アカウントで、タイムライン上の表示が一部変更されていることが明らかになったので詳しくお伝えする!

一部のユーザーで新UIをテスト中 タイムライン上に新規ツイートバーが発生

現在、Twitter公式アプリの通常のタイムライン表示では、Twitterアイコンのある白いバーが表示されているだけだが、一部のユーザーのみ、すぐに新規ツイートが作れるバーが新しく発生していることが判明した。

twitter-test

Mashableによると、これはTwitterが新UIをテストしているために発生しているもので、現在は一部のユーザーのみが利用できるようになっているとのこと。

これはあくまでテスト段階のようなので、全ユーザーが使えるようになるかは現段階では分からない。

だが、Mashableによると、同テストの存在についてはTwitterの広報担当者も認めており、また同テストが実施されているユーザーはそれなりに多いようなので、今一度自身のTwitter公式アプリを確かめてみてほしい。

このバーがあれば、わざわざ右上のツイートボタンを押さなくても、タイムラインを眺めている時にすぐにツイートをすることができるようになる。

バーには写真のアイコンもあり、好きな画像もすぐに写真アプリなどから引っ張ってくることもできるので、ツイート作業が簡便化されそうだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。