【ポケモンGO】マクドナルドとのコラボ詳細が判明 2,900店舗がジムやポケストップとして機能

本日、正式リリースが開始された「ポケモンGO」だが、先日から発表されていたマクドナルドとの連携の詳細が判明した。

マクドナルドによると、国内の約2,900店舗が同ゲームの「ジム」や「ポケストップ」として機能することになっていて、それぞれゲームの重要な役割を果たすスポットになることが発表された。

全国2,900店舗が「ジム」、「スポット」として機能

今回対象になる約2,900店舗のうち、約400の店舗が「ジム」、そして残りの2500店舗が「ポケストップ」として機能する

mcdonald's[ img via Ju Han Kim ]

まずはジムについてだが、「ポケモンGO」は全プレイヤーが3チームに分かれて戦う仕組みが導入されており、その対戦の場が「ジム」となっている。「ジム」では仲間のプレイヤーとともに戦うことができ、他のチームの「ジム」を攻略することが可能だ。

また、「ポケストップ」はゲーム内で必要なアイテムなどを入手できる場所になっており、ポケモンをゲットするために使う「モンスターボール」などを補充することができる。

pokemon-go

マクドナルドとしては、こういった「ポケモンGO」のスポットを提供することで、プレイするユーザーに自社商品の購入を促すことを目的としていると思われるが、それでもアイテム補充がてら休憩に立ち寄ったりなどもできるので、今まで以上にマクドナルドに立ち寄る機会は増えそう。

せっかく立ち寄るのだったら、魅力的な商品を購入したいもの。同社は

「マクドナルドはこれからも、“Fun place to go”(マクドナルドに行けば何か楽しいことがある)を理念として、マクドナルドならではの商品・サービスのご提供やキャンペーンの実施に努めてまいります。」

とコメントしており、今後のサービス拡充や新商品の提供などに期待したい。

mcdonald's
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう